みなさまの中にも、肩の痛みを経験したことのある人は多いと思います。

しかしながら、高齢で肩の痛みを生じた人の多くは、「五十肩でしばらくしたら治るだろう」と考え、放置していることが多いのも現状です。

ですが,その油断が仇となることがあるのがこの「肩の痛み」です。

とある整形外科の研究論文では五十肩では40%程度の患者さんに肩関節拘縮を認めたという報告もあり、運動療法を必要とすることが多々あります。
また、五十肩と診断されている方の20%が実は腱板断裂を併発しているケースも多く、腱板断裂は好発年齢、症状が五十肩とよく似ているため五十肩と診断され放置されてしまうケースがあります。

それぞれの病態を考えてみると、五十肩は肩関節包を中心にその周辺組織に炎症が生じた状態であり、腱板断裂は関節包の外側に取り巻いている腱の断裂した状態です。

五十肩の炎症の程度は様々である一方、腱板断裂では、痛みを全く認めないものが4割もあるとの報告もあります。
このことから、痛みと可動域制限の両方を認めた場合には五十肩と腱板断裂の鑑別が困難といえるでしょう。

肩の痛みは「動作時痛」と「安静時痛」とがあります。
特に安静時痛は、夜間痛として睡眠障害までも招いてしまう場合があります。

では、五十肩と腱板断裂との痛みに違いはあるのでしょうか。

一般に、五十肩は早期では烏口突起や結節間溝の肩前方部分が痛みます。
慢性期では後方部分(四辺形間隙)に痛みを訴えます。
一方、 腱板断裂は肩峰外側部の棘上筋腱上腕骨付着部に痛みを感じ、その延長上の三角筋外側部に放散痛を訴えます。

可動域の特徴としては、五十肩と腱板断裂は、ともに初期は疼痛のため動きが制限されます。
しかし、異なるところは、経過中に腱板断裂は五十肩に比べて関節拘縮をきたすことが少ないことが大きな違いかと思われます。

腱板断裂を疑う所見としては、①有痛弧徴候(動作時疼痛で 60°~ 120°間の挙上時に疼痛が生じる)や、②腕落下徴候(上腕を完全外旋させて肩甲骨面で90°挙上させて検者が上腕を離しても肢位を保持させられない場合陽性)があります。

また、腱板損傷がある場合にインピンジメント徴候をよく認めるのでそれを検査していきます。
インピンジメント徴候のテストは、クライアントを座位にし、検者は肩甲骨を押さえ肩内旋位で挙上強制し、大結節を肩峰下面に押し付けるようにして痛みとクリックを誘発する方法(ニアー徴候)と、外転位で急激に外旋から内旋強制する方法(ホーキンス徴候)があります。
2方法とも陽性の場合は腱板断裂の可能性が高くなります。

さらに、腱板断裂の評価および術後の機能回復の指標に棘上筋抵抗テストを使用します。
棘上筋抵抗テストは、 患者が肩甲骨面上で30~45°外転位、肩内旋位(エンプティーカン検査)または外旋位(フルカン検査)で上肢を挙上させる時に抵抗を加え疼痛の出現とその部位、筋力の減弱をみる方法であり、陽性の場合には腱板損傷を疑います。

あくまでの現場における評価なので、基本的には病院で確定診断を受けていただくことになりますが、ちょっとしたお客様の訴えをしっかりと評価することも、障害を悪化させないために必要なことです。

肩の痛みといっても、その病態は非常に複雑であることが多いです。
決して、「いつか治るさ」と油断しないでくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
  2. 2014-10-27

    体幹の安定性

    本日は『体幹部の安定性』について考えてみましょう。体幹部を安定させるためには、3つの要素が関…
  3. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  4. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  5. 2015-8-8

    随意運動と筋

    骨格筋は身体を支え、身体運動を起こす力源として機能しています。骨格筋は、中枢神経系で形成され…
ページ上部へ戻る