みなさまの中にも、肩の痛みを経験したことのある人は多いと思います。

しかしながら、高齢で肩の痛みを生じた人の多くは、「五十肩でしばらくしたら治るだろう」と考え、放置していることが多いのも現状です。

ですが,その油断が仇となることがあるのがこの「肩の痛み」です。

とある整形外科の研究論文では五十肩では40%程度の患者さんに肩関節拘縮を認めたという報告もあり、運動療法を必要とすることが多々あります。
また、五十肩と診断されている方の20%が実は腱板断裂を併発しているケースも多く、腱板断裂は好発年齢、症状が五十肩とよく似ているため五十肩と診断され放置されてしまうケースがあります。

それぞれの病態を考えてみると、五十肩は肩関節包を中心にその周辺組織に炎症が生じた状態であり、腱板断裂は関節包の外側に取り巻いている腱の断裂した状態です。

五十肩の炎症の程度は様々である一方、腱板断裂では、痛みを全く認めないものが4割もあるとの報告もあります。
このことから、痛みと可動域制限の両方を認めた場合には五十肩と腱板断裂の鑑別が困難といえるでしょう。

肩の痛みは「動作時痛」と「安静時痛」とがあります。
特に安静時痛は、夜間痛として睡眠障害までも招いてしまう場合があります。

では、五十肩と腱板断裂との痛みに違いはあるのでしょうか。

一般に、五十肩は早期では烏口突起や結節間溝の肩前方部分が痛みます。
慢性期では後方部分(四辺形間隙)に痛みを訴えます。
一方、 腱板断裂は肩峰外側部の棘上筋腱上腕骨付着部に痛みを感じ、その延長上の三角筋外側部に放散痛を訴えます。

可動域の特徴としては、五十肩と腱板断裂は、ともに初期は疼痛のため動きが制限されます。
しかし、異なるところは、経過中に腱板断裂は五十肩に比べて関節拘縮をきたすことが少ないことが大きな違いかと思われます。

腱板断裂を疑う所見としては、①有痛弧徴候(動作時疼痛で 60°~ 120°間の挙上時に疼痛が生じる)や、②腕落下徴候(上腕を完全外旋させて肩甲骨面で90°挙上させて検者が上腕を離しても肢位を保持させられない場合陽性)があります。

また、腱板損傷がある場合にインピンジメント徴候をよく認めるのでそれを検査していきます。
インピンジメント徴候のテストは、クライアントを座位にし、検者は肩甲骨を押さえ肩内旋位で挙上強制し、大結節を肩峰下面に押し付けるようにして痛みとクリックを誘発する方法(ニアー徴候)と、外転位で急激に外旋から内旋強制する方法(ホーキンス徴候)があります。
2方法とも陽性の場合は腱板断裂の可能性が高くなります。

さらに、腱板断裂の評価および術後の機能回復の指標に棘上筋抵抗テストを使用します。
棘上筋抵抗テストは、 患者が肩甲骨面上で30~45°外転位、肩内旋位(エンプティーカン検査)または外旋位(フルカン検査)で上肢を挙上させる時に抵抗を加え疼痛の出現とその部位、筋力の減弱をみる方法であり、陽性の場合には腱板損傷を疑います。

あくまでの現場における評価なので、基本的には病院で確定診断を受けていただくことになりますが、ちょっとしたお客様の訴えをしっかりと評価することも、障害を悪化させないために必要なことです。

肩の痛みといっても、その病態は非常に複雑であることが多いです。
決して、「いつか治るさ」と油断しないでくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-18

    夢の中での出来事

    成人の場合、レム睡眠は総睡眠時間のうち約25%を占めます。実は毎晩約2時間も鮮明な夢をみてい…
  2. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
  3. 2017-9-16

    腱や靭帯と年齢について

    骨格の成熟度と加齢は、靭帯と腱のバイオメカニクス的性質に大きく影響します。一般に、引張強度、…
  4. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
  5. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
ページ上部へ戻る