伸張反射と皮膚反射

運動を行う際の脊髄の働きは、各種反射回路の感度を調節して随意運動を円滑に行うことにあると言われています。
神経系の疾患による運動障害では、伸張反射の亢進、拮抗筋抑制の減弱などが起こるため、円滑な随意運動の遂行が難しくなります。

脊髄反射の中でももっとも一般的なのが、伸張反射です。
この伸張反射の受容器は筋紡錘であり、筋の伸張および伸張速度を感知して、その興奮がⅠa群感覚繊維およびⅡ群感覚繊維により伝達されて、脊髄のα運動ニューロンに電気刺激を発生させることで起こる単シナプス性反射です。
この経路は腱反射と同じで、電気刺激を見てみると筋電図ではH反射として表出されます。

一方、皮膚反射は、皮膚にある受容器由来の多シナプス性に運動ニューロンと結合して反応が起こる脊髄反射になります。
足で画鋲を踏んだりすると、反射的に足を引っ込める屈曲反射などがこれにあたります。

筋と皮膚、それぞれの受容器を介してさまざまな状況下で、この2つの反射がうまく調整されながら、運動制御に一役かっていることがわかります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-29

    筋線維の損傷と再生

    筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。ただし、けがや壊れたというより…
  2. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
  3. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  4. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  5. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
ページ上部へ戻る