伸張反射と皮膚反射

運動を行う際の脊髄の働きは、各種反射回路の感度を調節して随意運動を円滑に行うことにあると言われています。
神経系の疾患による運動障害では、伸張反射の亢進、拮抗筋抑制の減弱などが起こるため、円滑な随意運動の遂行が難しくなります。

脊髄反射の中でももっとも一般的なのが、伸張反射です。
この伸張反射の受容器は筋紡錘であり、筋の伸張および伸張速度を感知して、その興奮がⅠa群感覚繊維およびⅡ群感覚繊維により伝達されて、脊髄のα運動ニューロンに電気刺激を発生させることで起こる単シナプス性反射です。
この経路は腱反射と同じで、電気刺激を見てみると筋電図ではH反射として表出されます。

一方、皮膚反射は、皮膚にある受容器由来の多シナプス性に運動ニューロンと結合して反応が起こる脊髄反射になります。
足で画鋲を踏んだりすると、反射的に足を引っ込める屈曲反射などがこれにあたります。

筋と皮膚、それぞれの受容器を介してさまざまな状況下で、この2つの反射がうまく調整されながら、運動制御に一役かっていることがわかります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  2. 2015-3-27

    疲労の回復を促進するには?

    前回は疲労の原因について書きましたが、今回は疲労の回復についてです。疲労の原因は活性酸素が細…
  3. 2015-9-28

    平衡感覚を司る前庭器

    身体のバランスを保ち、身体運動を行うことの基礎となる感覚を平衡感覚と言います。それを司る前庭…
  4. 2014-9-27

    スポーツマッサージの効果って?

    マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  5. 2015-1-30

    トリガーポイントという概念

    日常生活を送っていると、特に何かをしたわけじゃないのに体が痛い、調子がよくない、というようなことがよ…
ページ上部へ戻る