伸張反射と皮膚反射

運動を行う際の脊髄の働きは、各種反射回路の感度を調節して随意運動を円滑に行うことにあると言われています。
神経系の疾患による運動障害では、伸張反射の亢進、拮抗筋抑制の減弱などが起こるため、円滑な随意運動の遂行が難しくなります。

脊髄反射の中でももっとも一般的なのが、伸張反射です。
この伸張反射の受容器は筋紡錘であり、筋の伸張および伸張速度を感知して、その興奮がⅠa群感覚繊維およびⅡ群感覚繊維により伝達されて、脊髄のα運動ニューロンに電気刺激を発生させることで起こる単シナプス性反射です。
この経路は腱反射と同じで、電気刺激を見てみると筋電図ではH反射として表出されます。

一方、皮膚反射は、皮膚にある受容器由来の多シナプス性に運動ニューロンと結合して反応が起こる脊髄反射になります。
足で画鋲を踏んだりすると、反射的に足を引っ込める屈曲反射などがこれにあたります。

筋と皮膚、それぞれの受容器を介してさまざまな状況下で、この2つの反射がうまく調整されながら、運動制御に一役かっていることがわかります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  2. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  3. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  4. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
  5. 2016-1-16

    腱の機能解剖

    腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。筋腱移行部では腱は筋細胞と…
ページ上部へ戻る