伸張反射と皮膚反射

運動を行う際の脊髄の働きは、各種反射回路の感度を調節して随意運動を円滑に行うことにあると言われています。
神経系の疾患による運動障害では、伸張反射の亢進、拮抗筋抑制の減弱などが起こるため、円滑な随意運動の遂行が難しくなります。

脊髄反射の中でももっとも一般的なのが、伸張反射です。
この伸張反射の受容器は筋紡錘であり、筋の伸張および伸張速度を感知して、その興奮がⅠa群感覚繊維およびⅡ群感覚繊維により伝達されて、脊髄のα運動ニューロンに電気刺激を発生させることで起こる単シナプス性反射です。
この経路は腱反射と同じで、電気刺激を見てみると筋電図ではH反射として表出されます。

一方、皮膚反射は、皮膚にある受容器由来の多シナプス性に運動ニューロンと結合して反応が起こる脊髄反射になります。
足で画鋲を踏んだりすると、反射的に足を引っ込める屈曲反射などがこれにあたります。

筋と皮膚、それぞれの受容器を介してさまざまな状況下で、この2つの反射がうまく調整されながら、運動制御に一役かっていることがわかります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-29

    姿勢とは何か?

    姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。人…
  2. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  3. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  4. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  5. 2015-10-10

    筋断裂

    筋断裂は創傷をともわない閉鎖性筋損傷で、肉離れとも呼ばれます。スポーツ外…
ページ上部へ戻る