脳はとても大事な器官です。

そのため、やたらな物質が脳に直接入っては困るので、必要な物質だけを選り分けて入れる「門」が存在します。

この門を「血管-脳関門」といいます。

血管ー脳関門を通り抜けることのできる物質だけが脳に入り、脳の神経細胞をつくり、伝達物質となって脳内をかけめぐり、心を創りだしているのです。

なので、大量の物質が血液中に溶けていても、脳に入らなければ物質の効果は決してあらわれないです。

血管ー脳関門には3つの堅固なシステムがあります。

一つ目はグリア細胞という脳に特有な細胞の存在です。

脳では、毛細血管と組織細胞の間にグリア細胞があり、このグリア細胞には特別な物質だけを選んで運ぶ運搬体が埋まっています。

二つ目は毛細血管の特殊な構造です。普通の毛細血管は、内皮細胞の間にすきまがあって、そこからも物質を組織細胞に渡しています。

しかし、脳ではこのすきまがありません。

そのためある程度以上に大きな物質は入らないのです。

そして三つ目が毛細血管の特殊な壁の性質です。

壁は、リン脂質でできていて、この壁を通過できる物質だけが脳に入れます。

つまり、脂溶性の高い物質は通過しやすく、水溶性の高い物質は膜にはじかれて通過できません。

ただこの原則には例外があり、脳の神経細胞が生きるのに必須の物質である、アミノ酸やブドウ糖などの栄養素、ナトリウム、カリウム、クロリドなど神経細胞の興奮にかかわるイオン、インスリンなどの大事な物質は通り抜けれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  2. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  3. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  4. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  5. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
ページ上部へ戻る