脳はとても大事な器官です。

そのため、やたらな物質が脳に直接入っては困るので、必要な物質だけを選り分けて入れる「門」が存在します。

この門を「血管-脳関門」といいます。

血管ー脳関門を通り抜けることのできる物質だけが脳に入り、脳の神経細胞をつくり、伝達物質となって脳内をかけめぐり、心を創りだしているのです。

なので、大量の物質が血液中に溶けていても、脳に入らなければ物質の効果は決してあらわれないです。

血管ー脳関門には3つの堅固なシステムがあります。

一つ目はグリア細胞という脳に特有な細胞の存在です。

脳では、毛細血管と組織細胞の間にグリア細胞があり、このグリア細胞には特別な物質だけを選んで運ぶ運搬体が埋まっています。

二つ目は毛細血管の特殊な構造です。普通の毛細血管は、内皮細胞の間にすきまがあって、そこからも物質を組織細胞に渡しています。

しかし、脳ではこのすきまがありません。

そのためある程度以上に大きな物質は入らないのです。

そして三つ目が毛細血管の特殊な壁の性質です。

壁は、リン脂質でできていて、この壁を通過できる物質だけが脳に入れます。

つまり、脂溶性の高い物質は通過しやすく、水溶性の高い物質は膜にはじかれて通過できません。

ただこの原則には例外があり、脳の神経細胞が生きるのに必須の物質である、アミノ酸やブドウ糖などの栄養素、ナトリウム、カリウム、クロリドなど神経細胞の興奮にかかわるイオン、インスリンなどの大事な物質は通り抜けれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  2. 2014-10-29

    進化から考える股関節伸展機構

    脊椎動物のなかで初めて地上に進出したのは爬虫類です。その中でも恐竜(大爬虫類)は絶滅していき…
  3. 2015-10-26

    喫煙と栄養学の関係

    タバコを吸うことによって、ニコチンなどの有害物質が体内に侵入してきます。喫煙によって体にもた…
  4. 2015-9-16

    遺伝子と性格

    心理学領域にクレッチマーの分類というものがあります。これは、性格と体格、そして精神疾患には関…
  5. 2015-7-23

    プライオメトリクスエクササイズでみられる筋肉の力生産

    プライオメトリクスエクササイズにおいて力の増加の理論は大きく分けて3つある。第1の理論として…
ページ上部へ戻る