赤血球と貧血の関係性を考える。

赤血球の中にはヘモグロビンがあり、これが酸素の受け渡しをする本体になります。「貧血」とは抹消血液の中の赤血球数、ヘモグロビンの濃度、ヘマトクリット値のどれかが減っていることですが、一般的にはヘモグロビン濃度(成人男性13.0g/ml、女性11.5g/ml未満)で判断されます。

赤血球の数で言えば、つくられる数が少なかったり(生産の減少)、作られる数よりなくなる数の方が多かったり(破壊や消失の増加)すると貧血になります。
貧血になると顔色や皮膚の色が白くなります(蒼白)。また酸素が十分与えられないため、息切れや動悸がし疲れやすくなります。
ちなみに、たちくらみした時に貧血と言ったりしますが、これは起立性低血圧(立ち上がった時などに血圧が低下する症候)のために脳の血液循環がうまくいかなくなって起こるものであって、貧血とは意味が違ってきます。

貧血には代表的なものとして鉄欠乏性貧血・再生不良性貧血・溶血性貧血などがあります。この中でも、もっとも一般的で女性に多い貧血が【鉄欠乏性貧血】です。
鉄欠乏性貧血とは、ヘモグロビン中心には鉄があり、鉄が足らなくなるとヘモグロビンの合成がうまくいかないため、赤血球の大きさは小さくなり、ヘモグロビンの量も減ります。つまり、小球性低色素性貧血の形をとります。
原因としては、中学生のころに急に体が大きくなる時期があります。このとき、体の需要に追いつくために赤血球も増えようとしますが、鉄の供給が追いつかないことがあります。また、妊娠をすると胎児の赤血球をつくるため、鉄を胎児の方に取られます。そのため母体の方は鉄が不足しやすい。〔鉄の需要増大〕
月経血が多い場合、鉄もいっしょに失われてしまうため、体の中の鉄が不足します。〔慢性的な出血〕

貧血の予防・改善には鉄分をしっかり取ることです。そして、ビタミンCを一緒にとると効果的です。ビタミンCは、鉄が腸管から吸収される際に、その還元力により鉄を吸収されやすい形に変える働きがあります。あと、ビタミン12・葉酸、動物性タンパク質と一緒にとるとより良いでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-8

    ヒトが美味しいものを求めるのはなぜ?

    味覚には、甘い・苦いといった味の質の認知的な分析の側面と、美味しい・不味いといった情動性の側面があり…
  2. 2017-1-5

    正しい姿勢で動く

    正しい姿勢が良いというのはよく言われます。人が地球上で活動するにあたって重力を切り離して考え…
  3. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  4. 2015-9-2

    さまざまな視点でみた「よい姿勢」

    よい姿勢、わるい姿勢を判断する基準は、どのような視点でみるのかによって異なります。力学的には…
  5. 2015-8-29

    胎児および乳児の運動発達

    人間では、胎児期に運動発達が始まります。受胎後7週目に頭部および頚部への横紋筋への運動神経支…
ページ上部へ戻る