アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをいう。
さらにその作用から、インスリン抵抗性を改善する「善玉アディポサイトカイン」と増悪する「悪玉アディポサイトカイン」に分けられる。

特にインスリン抵抗性を改善するアディポサイトカインとして有名なのが「アディポネクチン」と「レプチン」である。

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌され、骨格筋および肝臓でトリグリセリドのβ酸化を促進し、トリグリセリド含量を低下させることにより、インスリン抵抗性を改善する。
また、骨格筋ではブドウ糖の取り込みを促進し、肝臓では糖新生を抑制することで、血糖を低下させる。
血中のアディポネクチンの低下は、全身のインスリン抵抗性増悪に繋がっていく。

一方、レプチンは視床下部のレプチン受容体に結合し、一方で摂食の抑制を引き起こし、もう一方で視床下部から交感神経を介して全身のエネルギー消費を増加させる。
これにより、脂肪細胞が増加しても最終的には減少するフィードバック機構が形成されている。
しかしながら、肥満者では、脂肪細胞からレプチンが分泌されても、脳においてレプチンの作用が発揮されない状態(レプチン抵抗性)になってしまう。
こうなると、本来カラダによいはずのレプチンが機能的に働かないのである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-6

    運動連鎖を引き出すために

    運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を…
  2. 2015-2-10

    摂食行動異常とは

    最近、多くの人は自分を太りすぎていると感じており、巷には痩身法に関する情報があふれています。…
  3. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  4. 2015-7-7

    神経新生と二つの因子

    神経新生とは新しく神経細胞が生まれる現象です。20世紀にラモニ・カハールによりニューロン説が…
  5. 2016-6-24

    横隔膜の呼吸運動

    横隔膜は、呼吸と姿勢安定化の2つの役割があります。Lewitは、健全な呼吸パターンが実行されない…
ページ上部へ戻る