アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをいう。
さらにその作用から、インスリン抵抗性を改善する「善玉アディポサイトカイン」と増悪する「悪玉アディポサイトカイン」に分けられる。

特にインスリン抵抗性を改善するアディポサイトカインとして有名なのが「アディポネクチン」と「レプチン」である。

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌され、骨格筋および肝臓でトリグリセリドのβ酸化を促進し、トリグリセリド含量を低下させることにより、インスリン抵抗性を改善する。
また、骨格筋ではブドウ糖の取り込みを促進し、肝臓では糖新生を抑制することで、血糖を低下させる。
血中のアディポネクチンの低下は、全身のインスリン抵抗性増悪に繋がっていく。

一方、レプチンは視床下部のレプチン受容体に結合し、一方で摂食の抑制を引き起こし、もう一方で視床下部から交感神経を介して全身のエネルギー消費を増加させる。
これにより、脂肪細胞が増加しても最終的には減少するフィードバック機構が形成されている。
しかしながら、肥満者では、脂肪細胞からレプチンが分泌されても、脳においてレプチンの作用が発揮されない状態(レプチン抵抗性)になってしまう。
こうなると、本来カラダによいはずのレプチンが機能的に働かないのである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
  2. 2014-10-1

    ラテラリィ『利き○○』の存在

    人には利き手が存在し、上手に扱える手と、扱えない手があります。このような身体上の「利き○○」…
  3. 2015-6-9

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
  4. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  5. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
ページ上部へ戻る