アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをいう。
さらにその作用から、インスリン抵抗性を改善する「善玉アディポサイトカイン」と増悪する「悪玉アディポサイトカイン」に分けられる。

特にインスリン抵抗性を改善するアディポサイトカインとして有名なのが「アディポネクチン」と「レプチン」である。

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌され、骨格筋および肝臓でトリグリセリドのβ酸化を促進し、トリグリセリド含量を低下させることにより、インスリン抵抗性を改善する。
また、骨格筋ではブドウ糖の取り込みを促進し、肝臓では糖新生を抑制することで、血糖を低下させる。
血中のアディポネクチンの低下は、全身のインスリン抵抗性増悪に繋がっていく。

一方、レプチンは視床下部のレプチン受容体に結合し、一方で摂食の抑制を引き起こし、もう一方で視床下部から交感神経を介して全身のエネルギー消費を増加させる。
これにより、脂肪細胞が増加しても最終的には減少するフィードバック機構が形成されている。
しかしながら、肥満者では、脂肪細胞からレプチンが分泌されても、脳においてレプチンの作用が発揮されない状態(レプチン抵抗性)になってしまう。
こうなると、本来カラダによいはずのレプチンが機能的に働かないのである。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-4

    トレーニングで筋肉のバランスを改善

    腰痛に悩まされている方で、マッサージに行くけどまた腰が痛くなるという方多いと思います。腰痛の…
  2. 2014-11-12

    腰部周辺の筋の評価

    今回は『腰まわりの筋肉の状態』について書いていきます。[柔軟性・筋力・感覚]腰痛の人…
  3. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  4. 2015-11-20

    筋線維の発生と機能構造

    筋は形態的かつ生理的な違いから横紋筋、心筋、平滑筋に分類されます。横紋筋の大部分は骨に付着し関節…
  5. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
ページ上部へ戻る