生体の中に正確な時計が無数に存在する。

地球上のほぼすべての生物は、地球の自転の周期、24時間を計るための体内時計をもっています。

この体内時計によって睡眠、覚醒だけでなく、ホルモン分泌、血圧・体温調節などの生理活動が制御されています。

ヒトの体は約60兆個の細胞からなるが、生殖細胞をのぞき、すべての細胞が体内時計をもっていると考えられています。

人の体内時計の中心は、脳の「視交叉上核」という部位にあります。

”恒常性維持機構”(疲れたから眠るしくみ)

目覚めている間に脳に疲れがたまり、脳の活動が低下して眠くなるもので覚醒していた時間に依存するしくみといえます。
例えば、徹夜をすると長時間覚醒時に疲れがたまり、次の晩はぐっすりと長時間眠れるのはこのしくみのためです。

”体内時計機構”(夜になると眠るしくみ)

体内時計により、夜になるとカラダと心を休息の状態に切り替えて、自然に眠くなります。
このカラダと心を夜の休息の状態に切り替えるために重要なのが、メラトニンというホルモンです。メラトニンは、夜暗くなると脳から分泌され、体内時計に働きかけ、カラダと心を夜の休息の状態に切り替えます。
例えば、前日に大分寝ても、次の日の夜になると眠くなるのはこのしくみのためです。

人はこの2つのメカニズムにより眠くなります。
体内時計の乱れは、不眠を引き起こす原因となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  2. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  3. 2014-12-20

    上肢の進化

    手の原器は魚類の胸鰭(むなびれ)であると考えられてきました。約2億5千万年前より生息すると考えら…
  4. 2015-3-28

    睡眠は大脳を休息させるためにある

    活動と休息のリズムはほとんどの生物にみられる現象である。しかしながら、睡眠は単なる休息ではなく、…
  5. 2015-8-15

    リンパの産生と輸送

    組織間隙とは各組織において細胞と細胞の間の部分である。この部位は,膠原線維や弾性線維といった線維…
ページ上部へ戻る