生体の中に正確な時計が無数に存在する。

地球上のほぼすべての生物は、地球の自転の周期、24時間を計るための体内時計をもっています。

この体内時計によって睡眠、覚醒だけでなく、ホルモン分泌、血圧・体温調節などの生理活動が制御されています。

ヒトの体は約60兆個の細胞からなるが、生殖細胞をのぞき、すべての細胞が体内時計をもっていると考えられています。

人の体内時計の中心は、脳の「視交叉上核」という部位にあります。

”恒常性維持機構”(疲れたから眠るしくみ)

目覚めている間に脳に疲れがたまり、脳の活動が低下して眠くなるもので覚醒していた時間に依存するしくみといえます。
例えば、徹夜をすると長時間覚醒時に疲れがたまり、次の晩はぐっすりと長時間眠れるのはこのしくみのためです。

”体内時計機構”(夜になると眠るしくみ)

体内時計により、夜になるとカラダと心を休息の状態に切り替えて、自然に眠くなります。
このカラダと心を夜の休息の状態に切り替えるために重要なのが、メラトニンというホルモンです。メラトニンは、夜暗くなると脳から分泌され、体内時計に働きかけ、カラダと心を夜の休息の状態に切り替えます。
例えば、前日に大分寝ても、次の日の夜になると眠くなるのはこのしくみのためです。

人はこの2つのメカニズムにより眠くなります。
体内時計の乱れは、不眠を引き起こす原因となります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  2. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  3. 2015-1-10

    3つの動きが生み出す可能性

    今日は、重力や引力コリオリ力などの物理的法則を適応させ身体を整える、三軸修正法について書いていこうと…
  4. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  5. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
ページ上部へ戻る