腎臓の働き=ネフロンの働き

腎臓の主な働きは、体内での不要な物質を尿として体外に排出することです。
腎臓はソラマメのような形をした臓器で、左右に1対あります。
大きさは高さ10cm、幅5cm、厚さ3cmほどの器官です。
この小さな臓器に心臓で拍出される血液の25%が流れています。
腎臓に流れる血漿を常に濾過し不要な物質を尿として排泄していきます。
腎臓の働きは不要な代謝産物を排泄することが最も大きなものですが、内分泌器官として「ホルモン」の分泌を行っています。
さらに、カラダのpHを一定にする酸・塩基平衡にも関与しています。
また体液のイオン濃度を調整する働きや体液の浸透圧を一定にする働きもあります。
腎臓は、このように体内の「ホメオスタシス」の維持に大事な働きをしている組織です。
腎動脈から入ってきた動脈血は弓状動脈に入り、腎臓全体に還流します。
弓状動脈からは輸入細動脈によって糸球体に入ってきます。
その後、いくつかの血管を介して、弓状静脈に集まり、腎静脈として、腎臓から出ていきます。
腎臓にはネフロンといわれる構造が片方の腎臓に100万個ほどあります。
ネフロンは腎臓の機能的な単位で、腎臓の機能はすべてネフロンで行われています。
言い換えれば、「腎臓の働き=ネフロンの働き」ということができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-1

    Coping(コーピング)

    コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…
  2. 2017-1-30

    トレーニングプログラム

    理想の身体を作るために様々な方法があると思いますが、トレーニングを行い筋肉をつけてメリハリのある身体…
  3. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
  4. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  5. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
ページ上部へ戻る