腎臓の働き=ネフロンの働き

腎臓の主な働きは、体内での不要な物質を尿として体外に排出することです。
腎臓はソラマメのような形をした臓器で、左右に1対あります。
大きさは高さ10cm、幅5cm、厚さ3cmほどの器官です。
この小さな臓器に心臓で拍出される血液の25%が流れています。
腎臓に流れる血漿を常に濾過し不要な物質を尿として排泄していきます。
腎臓の働きは不要な代謝産物を排泄することが最も大きなものですが、内分泌器官として「ホルモン」の分泌を行っています。
さらに、カラダのpHを一定にする酸・塩基平衡にも関与しています。
また体液のイオン濃度を調整する働きや体液の浸透圧を一定にする働きもあります。
腎臓は、このように体内の「ホメオスタシス」の維持に大事な働きをしている組織です。
腎動脈から入ってきた動脈血は弓状動脈に入り、腎臓全体に還流します。
弓状動脈からは輸入細動脈によって糸球体に入ってきます。
その後、いくつかの血管を介して、弓状静脈に集まり、腎静脈として、腎臓から出ていきます。
腎臓にはネフロンといわれる構造が片方の腎臓に100万個ほどあります。
ネフロンは腎臓の機能的な単位で、腎臓の機能はすべてネフロンで行われています。
言い換えれば、「腎臓の働き=ネフロンの働き」ということができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  2. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  3. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  4. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  5. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
ページ上部へ戻る