腎臓の働き=ネフロンの働き

腎臓の主な働きは、体内での不要な物質を尿として体外に排出することです。
腎臓はソラマメのような形をした臓器で、左右に1対あります。
大きさは高さ10cm、幅5cm、厚さ3cmほどの器官です。
この小さな臓器に心臓で拍出される血液の25%が流れています。
腎臓に流れる血漿を常に濾過し不要な物質を尿として排泄していきます。
腎臓の働きは不要な代謝産物を排泄することが最も大きなものですが、内分泌器官として「ホルモン」の分泌を行っています。
さらに、カラダのpHを一定にする酸・塩基平衡にも関与しています。
また体液のイオン濃度を調整する働きや体液の浸透圧を一定にする働きもあります。
腎臓は、このように体内の「ホメオスタシス」の維持に大事な働きをしている組織です。
腎動脈から入ってきた動脈血は弓状動脈に入り、腎臓全体に還流します。
弓状動脈からは輸入細動脈によって糸球体に入ってきます。
その後、いくつかの血管を介して、弓状静脈に集まり、腎静脈として、腎臓から出ていきます。
腎臓にはネフロンといわれる構造が片方の腎臓に100万個ほどあります。
ネフロンは腎臓の機能的な単位で、腎臓の機能はすべてネフロンで行われています。
言い換えれば、「腎臓の働き=ネフロンの働き」ということができます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-6

    年をとったときに、脳を守るには?

    年をとった脳を健やかに保つのに一番効果的な方法って知ってますか?意外なんですが、答えは運動で…
  2. 2014-9-27

    スポーツマッサージの効果って?

    マッサージには皮膚や筋肉の血行をよくするとともに、マッサージを施した部分だけでなく、全身の血液循環を…
  3. 2015-9-9

    フィードフォワード制御とは

    運動制御系(中枢神経系)は、制御対象(効果器)に運動指令を送り、身体運動によって環境に働きかけていま…
  4. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
  5. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
ページ上部へ戻る