内側運動制御系と外側運動制御系

運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。

この「姿勢」要素と「運動」要素には、それぞれ別々の神経経路が関係しています。

前者は内側運動制御系、後者は外側運動制御系がそれぞれ支配しています。

これは前回、内側運動制御系でお話しました。

今回は外側運動制御系についてです。

外側運動制御系では、外側皮質脊髄路、赤核脊髄路がその主役を担います。

外側皮質脊髄路は、対側の大脳皮質運動野から錐体交叉を通った線維が通ります。

主たる運動神経の経路で、錐体路とも呼ばれます。

この外側皮質脊髄路は、体部位局在に対応した反対側の体幹・上下肢の運動を制御し、四肢遠位の巧緻運動を支配します。

赤核脊髄路は、対側の赤核からの線維が通ります。

赤核脊髄路はも四肢遠位筋を支配します。

これら2つの経路を合わせて外側運動制御系といい、運動前野から一次運動野を介して脊髄へと連絡し、手足の精緻な運動を司る経路になります。

また、大脳皮質の一次体性感覚野からも脳幹や脊髄に線維を投射します。

これにより運動時における体性感覚入力の制御に関与します。

運動は、内側運動制御系と外側運動制御系の機能が統合されてはじめて正確なものになります。

たとえば、戸棚にあるグラスを取るといったような運動においても、グラスを取るという手の動きだけではなく、それを可能にする姿勢の制御がなければなりません。

つまり、意図する運動には必ず意識に上らないレベルでの姿勢制御が働いているのです。

これらの機能の統合が運動パフォーマンス向上の重要因子になるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
  2. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  3. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  4. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  5. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
ページ上部へ戻る