内側運動制御系と外側運動制御系

運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。

この「姿勢」要素と「運動」要素には、それぞれ別々の神経経路が関係しています。

前者は内側運動制御系、後者は外側運動制御系がそれぞれ支配しています。

これは前回、内側運動制御系でお話しました。

今回は外側運動制御系についてです。

外側運動制御系では、外側皮質脊髄路、赤核脊髄路がその主役を担います。

外側皮質脊髄路は、対側の大脳皮質運動野から錐体交叉を通った線維が通ります。

主たる運動神経の経路で、錐体路とも呼ばれます。

この外側皮質脊髄路は、体部位局在に対応した反対側の体幹・上下肢の運動を制御し、四肢遠位の巧緻運動を支配します。

赤核脊髄路は、対側の赤核からの線維が通ります。

赤核脊髄路はも四肢遠位筋を支配します。

これら2つの経路を合わせて外側運動制御系といい、運動前野から一次運動野を介して脊髄へと連絡し、手足の精緻な運動を司る経路になります。

また、大脳皮質の一次体性感覚野からも脳幹や脊髄に線維を投射します。

これにより運動時における体性感覚入力の制御に関与します。

運動は、内側運動制御系と外側運動制御系の機能が統合されてはじめて正確なものになります。

たとえば、戸棚にあるグラスを取るといったような運動においても、グラスを取るという手の動きだけではなく、それを可能にする姿勢の制御がなければなりません。

つまり、意図する運動には必ず意識に上らないレベルでの姿勢制御が働いているのです。

これらの機能の統合が運動パフォーマンス向上の重要因子になるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  2. 2015-3-21

    肺呼吸の必須条件は「水」

    肺とは、水よりも比重や粘性が小さく、扱いやすい空気を呼吸媒体として発達した呼吸器である。魚類がも…
  3. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  4. 2014-9-27

    脳の細胞

    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
  5. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
ページ上部へ戻る