カルノシンやアンセリンの緩衝作用で筋疲労軽減を

カルノシンやアンセリンなどのイミダゾールジペプチドは、動物の脳、心臓、肝臓、腎臓、神経系や骨格筋中に広く存在します。

特に骨格筋中に高レベルで存在することから運動との関連が古くから示唆されてきました。

これらのイミダゾールジペプチドはその分子構造から緩衝作用を有しており、高強度の運動の乳酸生成によるpHの低下がもたらす筋活動の低下を軽減させる可能性があると考えられています。

実際に、中距離ランナーの骨格筋中には長距離ランナーや非鍛錬者に比べてカルノシンが高濃度の存在するという報告があり、骨格筋中カルノシン濃度と無酸素性スピードテストの持続時間との間に密接な関係があることが示唆されています。

また、骨格筋中カルノシン濃度と30秒間の全力ペダリングにおける平均パワーとの間で有意な正の相関関係にあることが報告されています。

したがって、骨格筋中カルノシン濃度およにアンセリン濃度を増加させることにより筋の緩衝作用が増強し、その結果として短時間高強度運動パフォーマンスが向上する可能性があると考えることが出来ます。

カルノシンやアンセリンはたとえば鳥の胸肉に豊富に含まれており、その抽出物を用いた実験では、特にカルノシン濃度の初期値が低い被験者ほど、運動中の筋疲労によるパフォーマンス低下を抑え、よりパフォーマンスの向上が見られたとされています。

また、この抽出物を用いた他の実験では、その継続摂取が、筋肉中のカルノシン濃度増加をもたらし、その緩衝作用によって筋肉中のpH値低下を抑え、運動時間が伸長することが明らかとなりました。

このことから、カルノシンやアンセリンの継続摂取が、筋肉の疲労緩和に有効であることが示唆されました。

このカルノシンやアンセリンは鶏胸肉の他にマグロやカツオなどの大型回遊魚に多く含まれています。

ぜひ摂取してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-16

    遅発性筋肉痛は未だ謎だらけ

    不慣れな運動や激しい運動をすると筋肉痛が起きてしまいますが、これには急性のものと遅発性のものの二種類…
  2. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  3. 2017-3-23

    筋トレの後のジョギングの効果

    筋力トレーニングの後にジョギングを合わせて行う人も多いと思います。ジョギングは有酸素運動の代…
  4. 2017-2-16

    体力を維持するコツ

    学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。長…
  5. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
ページ上部へ戻る