筋紡錘のはたらき

私たちの意志に沿うように筋肉の運動を精密にコントロールするために、筋肉中には紡錘型をした筋紡錘という器官があります。

筋紡錘の両端は筋肉を構成する筋線維と同じように腱と結合しています。

つまり筋紡錘は筋肉が引っ張られている状態を感知して、これを脳幹部に報告しているのです。

言い換えれば、筋紡錘は筋肉の長さを感知するセンサーのようなものです。

筋紡錘のはたらきは、大きく分けて2つあります。

1つは、重力に逆らって姿勢を保つはたらき、もう1つは手足の運動の精密な3次元のコントロールです。

直立したり、椅子に座っているとき、特に意識していなくてもその姿勢は長い間保つことができます。

なぜなら目が覚めている間は筋紡錘働いて自動的に姿勢を保持しているためです。

字を書くのも、絵を描いたりするのも、すべて手足の運動の細密な三次元コントロールによるものです。

人間が運動を行う場合には各筋肉が上手く協調して働く必要があり、これらすべてを精密にコントロールするのは難しく、各筋肉の筋紡錘からの信号を常に適切に処理し、各筋肉をタイミングよく活動させなければならないのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  2. 2015-5-25

    水の飲み過ぎによる水中毒とは

    これからの季節、これまでより水分摂取の量が増えてくるかと思いますが、過度の水分摂取には気をつけないと…
  3. 2017-4-22

    大きい筋肉ほど回復が遅く、小さい筋肉ほど回復が早い

    トレーニングのプログラムを分割する場合は、トレーニング部位によって回復期間に差があることを考えないと…
  4. 2015-8-16

    ストレスと下垂体 – 副腎系

    生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。生体へのストレス負荷により、視床下部―…
  5. 2015-10-11

    腱断裂

    腱は骨格筋と骨を結び付けている強靭な結合組織で、筋収縮によって得られたエネルギーは腱によって骨に伝え…
ページ上部へ戻る