タメになる「豆」知識

体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞いて食べている人もいるのではないでしょうか。

ナッツは値上がりしているにも関わらず、人気は上昇しているようです。
テレビや雑誌でモデルさんがナッツをよく食べているという情報も話題性があり人気の後押しをしているのでしょう。

ナッツ類は栄養価の高い食品です。

良質なタンパク質が約20%含まれており、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすことで、動脈硬化を予防するリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸が主体の脂肪が約50%含まれています。

ナッツ類の脂質に含まれるレシチンは痴呆症の予防に役立ち、パルミトオレイン酸は脳の血管を丈夫にする働きがあります。

ナッツ類には他にも、糖尿病や動脈硬化の予防・改善に有効なビタミンB群、余分な塩分を体外に排出して血圧の上昇を抑えてくれるカリウム、骨粗鬆症予防になるカルシウム、貧血予防になる鉄分、皮膚や骨格の維持に必要な亜鉛、便秘の予防・改善になる食物繊維が含まれている優れた食品です。

栄養価がとても高いナッツ類ですが、高エネルギー食品でもあるのです。

ビールのおつまみでたくさん食べると肥満の原因になってしまいます。

塩をまぶしてあるナッツは塩分の過剰摂取になりますし、酸化してしまうと栄養価が低下してしまいます。

ナッツ類の100グラム当たりのカロリーは、ピーナッツ562kcal、アーモンド600kcal、マカダミアナッツ710kcal、そら豆348kcalあります。

適切に食べれば優良食品なのですが、高エネルギー食品でもあるので、食べすぎには充分気をつけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  2. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
  3. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  4. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  5. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
ページ上部へ戻る