タメになる「豆」知識

体型を気にしている女性やダイエットをしている女性は「ナッツ(豆)は美容効果やダイエットに良い」と聞いて食べている人もいるのではないでしょうか。

ナッツは値上がりしているにも関わらず、人気は上昇しているようです。
テレビや雑誌でモデルさんがナッツをよく食べているという情報も話題性があり人気の後押しをしているのでしょう。

ナッツ類は栄養価の高い食品です。

良質なタンパク質が約20%含まれており、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすことで、動脈硬化を予防するリノール酸やオレイン酸といった不飽和脂肪酸が主体の脂肪が約50%含まれています。

ナッツ類の脂質に含まれるレシチンは痴呆症の予防に役立ち、パルミトオレイン酸は脳の血管を丈夫にする働きがあります。

ナッツ類には他にも、糖尿病や動脈硬化の予防・改善に有効なビタミンB群、余分な塩分を体外に排出して血圧の上昇を抑えてくれるカリウム、骨粗鬆症予防になるカルシウム、貧血予防になる鉄分、皮膚や骨格の維持に必要な亜鉛、便秘の予防・改善になる食物繊維が含まれている優れた食品です。

栄養価がとても高いナッツ類ですが、高エネルギー食品でもあるのです。

ビールのおつまみでたくさん食べると肥満の原因になってしまいます。

塩をまぶしてあるナッツは塩分の過剰摂取になりますし、酸化してしまうと栄養価が低下してしまいます。

ナッツ類の100グラム当たりのカロリーは、ピーナッツ562kcal、アーモンド600kcal、マカダミアナッツ710kcal、そら豆348kcalあります。

適切に食べれば優良食品なのですが、高エネルギー食品でもあるので、食べすぎには充分気をつけましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-25

    脳とコンピューターの処理の違い

    脳は、莫大な量の情報を絶えず処理しています。その大量の情報を脳はどうやって処理しているのでし…
  2. 2015-5-30

    核内受容体PPARγと肥満の関係

    肝臓は、糖質および脂質代謝を担う主要な組織であり、エネルギー代謝の中心的役割を担う組織です。…
  3. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  4. 2015-8-14

    ストレスと自己防衛

    ストレスが加わると、神経系・内分泌系・免疫系に変化が生じ、これらが相互に密接な関係を保ちつつ、脳の制…
  5. 2017-3-28

    ウォーミングアップの理想

    ウォーミングアップに適した運動はいくつかありますが、有酸素運動が最適といわれています。特にエ…
ページ上部へ戻る