人間の身体には、多くの腱が存在しています。
今回はその腱について触れていこうと思います。

腱細胞が集まった健束は腱内膜に包まれ、腱束が集まって腱を形成し、全体はエピテノン(epitenon)で覆われています。

腱はパラテノン(paratenon)と呼ばれる血管に富む疎性結合組織によって周囲と連結しています。

腱の走行が大きく変わる部位では、骨と連結する面に繊維軟骨があり支点の役割を果たしています。

手指などの腱では内層が滑膜で覆われた腱鞘が周囲包みます。

筋腱移行部は一見、筋繊維と腱のコラーゲン繊維から形成される指状陥入を特徴とする形態を呈しています。

筋繊維は腱繊維と混ざり合い、その程度は90%以上にもおよび、それにより直径を減少させます。
その結果、断面積あたりの筋繊維にかかる力は増加します。

筋は運動を起こす力の発生源であるが、腱は引き伸ばされると縮もうとするバネの働きがあります。

また、腱は粘弾性を有するため速度を生み出します。
そのため、筋腱複合体としてはパワー発揮し、スポーツ動作に大きな影響を与えます。

腱の弾性(elasticity)は筋力エクササイズによって上昇するがストレッチングを実施しても意味がないと報告されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-27

    脂肪の働きを考える!

    それは人類の歴史をさかのぼること数百万年、人類が原始時代を生き抜いていた頃からの話になります。そ…
  2. 2014-12-8

    老化を左右するテロメア

    昔から、老化の予防には運動といいます。実際に、習慣的に運動している方は、日常生活動作や身…
  3. 2016-3-7

    関節唇が障害されやすいのはなぜか。

    関節唇は肩関節の構成要素の中でも、肩の病変に含まれることが多い部位になります。これには、肩の…
  4. 2015-3-25

    トリグリセリドの分解

    体脂肪、すなわち中性脂肪は英語で「トリグリセリド」と言います。ある一定以上の運動をすると脳か…
  5. 2015-10-3

    足底筋膜炎のメカニズム

    足底筋膜(plantar fascia)は足底筋群を覆う筋膜のことですが、その中央部は強靭な線維で構…
ページ上部へ戻る