人間の身体には、多くの腱が存在しています。
今回はその腱について触れていこうと思います。

腱細胞が集まった健束は腱内膜に包まれ、腱束が集まって腱を形成し、全体はエピテノン(epitenon)で覆われています。

腱はパラテノン(paratenon)と呼ばれる血管に富む疎性結合組織によって周囲と連結しています。

腱の走行が大きく変わる部位では、骨と連結する面に繊維軟骨があり支点の役割を果たしています。

手指などの腱では内層が滑膜で覆われた腱鞘が周囲包みます。

筋腱移行部は一見、筋繊維と腱のコラーゲン繊維から形成される指状陥入を特徴とする形態を呈しています。

筋繊維は腱繊維と混ざり合い、その程度は90%以上にもおよび、それにより直径を減少させます。
その結果、断面積あたりの筋繊維にかかる力は増加します。

筋は運動を起こす力の発生源であるが、腱は引き伸ばされると縮もうとするバネの働きがあります。

また、腱は粘弾性を有するため速度を生み出します。
そのため、筋腱複合体としてはパワー発揮し、スポーツ動作に大きな影響を与えます。

腱の弾性(elasticity)は筋力エクササイズによって上昇するがストレッチングを実施しても意味がないと報告されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-25

    睡眠不足と肥満

    睡眠が不足していると、理性や判断力を司っている前頭葉の活動が低下し、食べる意欲を司る脳領域の活動が高…
  2. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  3. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  4. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  5. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
ページ上部へ戻る