人間の身体には、多くの腱が存在しています。
今回はその腱について触れていこうと思います。

腱細胞が集まった健束は腱内膜に包まれ、腱束が集まって腱を形成し、全体はエピテノン(epitenon)で覆われています。

腱はパラテノン(paratenon)と呼ばれる血管に富む疎性結合組織によって周囲と連結しています。

腱の走行が大きく変わる部位では、骨と連結する面に繊維軟骨があり支点の役割を果たしています。

手指などの腱では内層が滑膜で覆われた腱鞘が周囲包みます。

筋腱移行部は一見、筋繊維と腱のコラーゲン繊維から形成される指状陥入を特徴とする形態を呈しています。

筋繊維は腱繊維と混ざり合い、その程度は90%以上にもおよび、それにより直径を減少させます。
その結果、断面積あたりの筋繊維にかかる力は増加します。

筋は運動を起こす力の発生源であるが、腱は引き伸ばされると縮もうとするバネの働きがあります。

また、腱は粘弾性を有するため速度を生み出します。
そのため、筋腱複合体としてはパワー発揮し、スポーツ動作に大きな影響を与えます。

腱の弾性(elasticity)は筋力エクササイズによって上昇するがストレッチングを実施しても意味がないと報告されています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
  2. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  3. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  4. 2015-10-4

    神経分離可能性の原理

    運動の遂行には、様々な感覚情報が関与します。心理的要因も例外ではありません。運動の制…
  5. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
ページ上部へ戻る