他人やモノに触れたりした皮膚の刺激は、電気信号に変換されて神経線維を伝わるが、それが最終的に「快」と感じたり「不快」と感じたりするのはなぜでしょう。

快を感じる脳領域は報酬系とよばれ、腹側被蓋野から側坐核に向かって走る内側前脳束を中心とした部位で、A10(エーテン)神経とも呼ばれます。

そこにドーパミンが流れると「快」の感情を感じます。

一方、不快を感じる嫌悪系には、視床内側部、視床下部内側核、脳室周囲領域などが含まれます。

これらの中で特に重要なのが扁桃体です。

扁桃体は快・不快の情報の入力に関係し、好きか嫌いかを、海馬に蓄えた記憶をもとに判断しています。

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚などの5感はすべて扁桃体に入ります。

何かに触れたり触れられたりしたときの触角は、脊髄を通って脳の体性感覚野に至りその対象の性質が認識されます。

それと同時に、網様態や視床下部に至り、その刺激に対する好き、嫌いの判断を扁桃体が行っているというわけです。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  2. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  3. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  4. 2015-3-16

    遅発性筋肉痛は未だ謎だらけ

    不慣れな運動や激しい運動をすると筋肉痛が起きてしまいますが、これには急性のものと遅発性のものの二種類…
  5. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
ページ上部へ戻る