筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。

骨格筋では、筋小胞体がこのCa2+を調節しており、筋小胞体から筋へとCa2+が放出されると収縮が、筋から筋小胞体へとCa2+が取り込まれると弛緩が起こります。

筋小胞体の膜上に存在するタンパク質である筋小胞体Ca2+-ATPaseの酵素の作用によりCa2+の取り込みが能動的に行われます。

筋収縮を繰り返し、負荷をかけると、筋の発揮する張力やパワーはやがて低下し、筋疲労が起こります。

疲労困憊に至る運動後では、筋小胞体のCa2+放出・取り込み機能の低下が起こり、これが筋疲労の主要な原因の一つになります。

激しい筋活動によって筋小胞体によるCa2+取り込み機能が低下するのは、収縮に伴って発生する活性酸素種であるとされています。

運動強度が高い場合でも低い場合でも疲労困憊に至るまで運動を行うと、特に主動作筋において筋小胞体の機能が低下することが報告されています。

そのような運動では、筋内の無機リン酸濃度、ADP濃度、CK作動性低下が起こり、それらが起こると筋小胞体Ca2+-ATPaseの機能が変化すること知られており、これがCa2+取り込み機能の低下に繋がることが示唆されています。

また、Ca2+-ATPaseのATP結合部位そのものの構造的変化も機能低下を引き起こす要因の一つであると示されています。

これは活性酸素種によるもので、したがって、Ca2+-ATPaseタンパク質の酸化が起こるというものです。

しかし、高強度のトレーニングを続けることにより、こういったCa2+-ATPaseタンパク質の酸化、機能低下を軽減できる可能性があることが分かっています。

これは、筋細胞に含まれるCa2+-ATPaseタンパク質量が増加するためです。

また、Ca2+-ATPase活性の低下をある程度遅らせることができるため、特に運動終盤に役立つとされています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  2. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
  3. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  4. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  5. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
ページ上部へ戻る