生物はさまざまなリズムをもってこの地球で生活しています。

私たちが睡眠をとったり、覚醒したりするリズムは、太陽が昇って沈むリズムと深く関係しています。

一般に睡眠ー覚醒リズムと呼ばれるものは、1日をサイクルとして生じるリズムで、概日リズム、あるいはサーカディアンリズムと呼ばれます。

朝決まった時間に起きれなければいけない時、その起きなければいけないということはストレスなのです。

そのストレスが増大すること、つまり起きなければいけないという時間になるにつれて、ストレスホルモンとして知られている副腎皮質ホルモンの分泌が多くなります。

 

その副腎皮質ホルモンの一種にコルチゾールと呼ばれるホルモンがあります。

コルチゾールは免疫物質を作る副腎皮質ホルモンで、睡眠中のカラダに蓄積されているブドウ糖や脂肪などの熱源を、カラダのエネルギーとして活用するようにと分泌され働きます。

睡眠中は低く抑えられ、午前3時頃から明け方に最高値に達し、起床後30~60分のあいだに大量に分泌、その後次第に低下していきます。

コルチゾールが早朝に高くなることで、体内にある糖分をエネルギーとして使える形に取り出すことが促進され、夜中何も食べていない状態と朝の血糖値の低下を防いでいるともいいます。

また、起床後の大量分泌の現象は、日中に襲ってくるストレスに対処するためで、起床時コルチゾール反応(CAR)と呼び、ストレス状態をよく反映する反応として知られています。

言い換えれると、日中の活動のために眠りから覚めさせる、天然の目覚まし時計のようなホルモンともいえます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
  2. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  3. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
ページ上部へ戻る