生体の階層性について

どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。

構造と機能を常に対比させてとらえることが生物を相手にする上で非常に重要になります。

生物のつくりは階層構造になっています。

個体を大まかにみると、個体ー器官系ー器官ー組織ー細胞となります。

個体は複数の器官系が重層的に配置されています。

さらにその器官系は複数の器官から構成されています。

たとえば、単純にみえる骨格系も骨組織と軟骨組織、さらに血管系から構成されています。

ヒトの器官系には、外皮系、筋・骨格系、消化器系、循環器系、呼吸器系、泌尿器系、神経系、内分泌系、生殖器系があります。

これらの機能は名前からも分かるかと思いますが、たとえば、消化器系であれば、それぞれ食道、胃、小腸、大腸といった器官からなります。

そしてそれらの器官は基本的な組織の組み合わせで出来ています。

組織は、上皮組織、結合組織、筋組織、神経組織です。

上皮組織は、単層扁平上皮、単層立方上皮、単層円柱上皮、重層扁平上皮、多列上皮があり、結合組織は疎性結合組織、密性結合組織、弾性結合組織、細網結合組織、脂肪組織、軟骨組織、骨組織、血液、筋組織は、骨格筋、心筋、平滑筋、神経系は中枢神経系と末梢神経系からなります。

そしてそれぞれの組織は、各組織に応じた細胞より構成されています。

細胞が集まって組織を構成し、さらに組織が組み合わさって器官をつくり、それらが器官系をなし個体を作りあげ生物が出来上がっているのです。

こういった生体の階層性をしっかり理解しすることがヒトを知るということの第一歩なのではないでしょうか。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
  2. 2014-9-27

    運動後のストレッチを行ってますか?

    皆さん、運動をしたあとストレッチはしていますか?筋疲労回復の手段として、最も多くの方に認知さ…
  3. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  4. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  5. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
ページ上部へ戻る