生体の階層性について

どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。

構造と機能を常に対比させてとらえることが生物を相手にする上で非常に重要になります。

生物のつくりは階層構造になっています。

個体を大まかにみると、個体ー器官系ー器官ー組織ー細胞となります。

個体は複数の器官系が重層的に配置されています。

さらにその器官系は複数の器官から構成されています。

たとえば、単純にみえる骨格系も骨組織と軟骨組織、さらに血管系から構成されています。

ヒトの器官系には、外皮系、筋・骨格系、消化器系、循環器系、呼吸器系、泌尿器系、神経系、内分泌系、生殖器系があります。

これらの機能は名前からも分かるかと思いますが、たとえば、消化器系であれば、それぞれ食道、胃、小腸、大腸といった器官からなります。

そしてそれらの器官は基本的な組織の組み合わせで出来ています。

組織は、上皮組織、結合組織、筋組織、神経組織です。

上皮組織は、単層扁平上皮、単層立方上皮、単層円柱上皮、重層扁平上皮、多列上皮があり、結合組織は疎性結合組織、密性結合組織、弾性結合組織、細網結合組織、脂肪組織、軟骨組織、骨組織、血液、筋組織は、骨格筋、心筋、平滑筋、神経系は中枢神経系と末梢神経系からなります。

そしてそれぞれの組織は、各組織に応じた細胞より構成されています。

細胞が集まって組織を構成し、さらに組織が組み合わさって器官をつくり、それらが器官系をなし個体を作りあげ生物が出来上がっているのです。

こういった生体の階層性をしっかり理解しすることがヒトを知るということの第一歩なのではないでしょうか。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
  2. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  3. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  4. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  5. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
ページ上部へ戻る