生体の階層性について

どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。

構造と機能を常に対比させてとらえることが生物を相手にする上で非常に重要になります。

生物のつくりは階層構造になっています。

個体を大まかにみると、個体ー器官系ー器官ー組織ー細胞となります。

個体は複数の器官系が重層的に配置されています。

さらにその器官系は複数の器官から構成されています。

たとえば、単純にみえる骨格系も骨組織と軟骨組織、さらに血管系から構成されています。

ヒトの器官系には、外皮系、筋・骨格系、消化器系、循環器系、呼吸器系、泌尿器系、神経系、内分泌系、生殖器系があります。

これらの機能は名前からも分かるかと思いますが、たとえば、消化器系であれば、それぞれ食道、胃、小腸、大腸といった器官からなります。

そしてそれらの器官は基本的な組織の組み合わせで出来ています。

組織は、上皮組織、結合組織、筋組織、神経組織です。

上皮組織は、単層扁平上皮、単層立方上皮、単層円柱上皮、重層扁平上皮、多列上皮があり、結合組織は疎性結合組織、密性結合組織、弾性結合組織、細網結合組織、脂肪組織、軟骨組織、骨組織、血液、筋組織は、骨格筋、心筋、平滑筋、神経系は中枢神経系と末梢神経系からなります。

そしてそれぞれの組織は、各組織に応じた細胞より構成されています。

細胞が集まって組織を構成し、さらに組織が組み合わさって器官をつくり、それらが器官系をなし個体を作りあげ生物が出来上がっているのです。

こういった生体の階層性をしっかり理解しすることがヒトを知るということの第一歩なのではないでしょうか。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
  2. 2015-7-26

    咀嚼と脳と健康

    咀嚼とは、噛む動作のことを言います。咀嚼筋は咬筋、側頭筋、内外翼突筋からなり、顎関節に作用し…
  3. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
  4. 2015-7-4

    免疫システムの防衛基地「リンパ節」とT細胞

    T細胞がリンパ節の中で病原体をみつけだして活性化すると、T細胞はパトロール経路を修正する。このパ…
  5. 2017-1-5

    正しい姿勢で動く

    正しい姿勢が良いというのはよく言われます。人が地球上で活動するにあたって重力を切り離して考え…
ページ上部へ戻る