肥満は脳の報酬系の障害?!

肥満はしばしば薬物依存と似たメカニズムをもつといわれます。

正確には肥満というより過食による肥満といったようなものになります。

薬物依存に挙げられる特徴としては、薬物摂取を自分でコントロールできない、衝動的な行動をコントロールできないというものがあります。

それは過食により肥満になってしまった人の状況とよく似ています。

これは脳の報酬系の障害によるものだとされています。

報酬系とは、「欲求が満たされたとき」「欲求が満たされると期待できるとき」などに活性化される神経回路のシステムのことです。

その報酬系に関わる物質であるドーパミンの受容体のうちD2受容体の減少が依存症になるリスクを高めると考えられています。

そして病的な肥満患者においては薬物依存症患者と同じようにD2受容体が大きく減少していることが分かっています。

また、動物実験では高カロリーの食事を繰り返すことで報酬系の神経細胞に変化が起き、衝動的、強迫的な過食につながることが明らかになっています。

ダイエットには運動が必須といいますが、運動は報酬系を刺激する代表的なものです。

しっかり運動をして報酬系を活性化させれば、過食からの脱却も可能かもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-6

    尿による水分量の調節

    1日に尿をする回数は、成人で平均4~6回、その量は1日で約1.5リットルになるといわれています。…
  2. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  3. 2017-4-22

    大きい筋肉ほど回復が遅く、小さい筋肉ほど回復が早い

    トレーニングのプログラムを分割する場合は、トレーニング部位によって回復期間に差があることを考えないと…
  4. 2015-9-30

    神経の可塑性について考える

    神経の可塑性とは、新しい経験を経て、神経細胞の活動が変化し、新たな神経細胞間のネットワークが形成され…
  5. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
ページ上部へ戻る