この時期から暑熱馴化を

最近は日差しも強くなり、だんだんと暑くなってきました

暑くなってくると冷房をつけて暑さを回避したくなりますが、そうなるといざ夏が来たときに体が暑さに耐え切れず熱中症などにもなりかねません。

そうならないために今の時期から体を暑さに慣らしておくことが大切です。

これを「暑熱順化」といいます。

ヒトは暑熱ストレスに暴露されると、皮膚血管の拡張や発汗などの熱放散機能を動員して過度の体温上昇を防ぎます。

暑熱下では涼しい環境下に比べて、身体運動時の生体負担が増加して持久的運動能力が低下します。

しかし暑熱環境に繰り返し暴露されたり持久的な運動トレーニングを持続すると、暑熱ストレスに対する生体負担を軽減するような生物学的適応(暑熱順化)を生じます。

短期暑熱順化の原理として考えられているものは4つ挙げられており、発汗機能の変化、汗の成分の変化、皮膚血管拡張の変化、血液循環量の増加などがあります。

発汗機能が高まることで発汗量は増えるものの、汗腺での塩分再吸収が促進されるため、塩分喪失は通常より少なくなります。 その結果、体液バランスが崩れにくくなり、熱中症や脱水症の予防になります。

また体液喪失からの回復も早くなり、水分補給が更に効率的になります。

暑熱順化の方法の一例としては、有酸素運動で発汗を促してあげる、冷房を入れるとしても設定温度を高くする、服装は薄着にする等、運動条件・環境条件・着衣条件の三つの要因が重要になります。

熱中症や脱水症になる可能性は誰にでもあります。

その可能性を少しでも減らすためにも暑熱順化を行なってみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  2. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
  3. 2015-8-18

    飢餓や絶食と代謝

    飢餓や減量のための絶食もストレスの一種です。代謝に必要なエネルギーが摂取できなくなると、体内…
  4. 2016-2-21

    卵円孔開存と片頭痛

    心臓は4つの部屋からなっており、まず縦の壁である心房中隔と心室中隔によって完全に左右に分けられます。…
  5. 2015-9-16

    遺伝子と性格

    心理学領域にクレッチマーの分類というものがあります。これは、性格と体格、そして精神疾患には関…
ページ上部へ戻る