この時期から暑熱馴化を

最近は日差しも強くなり、だんだんと暑くなってきました

暑くなってくると冷房をつけて暑さを回避したくなりますが、そうなるといざ夏が来たときに体が暑さに耐え切れず熱中症などにもなりかねません。

そうならないために今の時期から体を暑さに慣らしておくことが大切です。

これを「暑熱順化」といいます。

ヒトは暑熱ストレスに暴露されると、皮膚血管の拡張や発汗などの熱放散機能を動員して過度の体温上昇を防ぎます。

暑熱下では涼しい環境下に比べて、身体運動時の生体負担が増加して持久的運動能力が低下します。

しかし暑熱環境に繰り返し暴露されたり持久的な運動トレーニングを持続すると、暑熱ストレスに対する生体負担を軽減するような生物学的適応(暑熱順化)を生じます。

短期暑熱順化の原理として考えられているものは4つ挙げられており、発汗機能の変化、汗の成分の変化、皮膚血管拡張の変化、血液循環量の増加などがあります。

発汗機能が高まることで発汗量は増えるものの、汗腺での塩分再吸収が促進されるため、塩分喪失は通常より少なくなります。 その結果、体液バランスが崩れにくくなり、熱中症や脱水症の予防になります。

また体液喪失からの回復も早くなり、水分補給が更に効率的になります。

暑熱順化の方法の一例としては、有酸素運動で発汗を促してあげる、冷房を入れるとしても設定温度を高くする、服装は薄着にする等、運動条件・環境条件・着衣条件の三つの要因が重要になります。

熱中症や脱水症になる可能性は誰にでもあります。

その可能性を少しでも減らすためにも暑熱順化を行なってみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
  2. 2015-9-4

    コアスタビリティトレーニングとは

    多くの選手がコアスタビリティトレーニングと呼ばれる腹横筋の活性化を強調したトレーニングを行っていると…
  3. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
  4. 2015-6-24

    興奮収縮連関と筋収縮メカニズム

    神経筋接合部の筋細胞膜側は終板とよばれ、ここには多数のニコチン性ACh受容体が存在しています。…
  5. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
ページ上部へ戻る