筋肉をつけるという観点では、小さな分子であるアミノ酸から、大きな分子であるたんぱく質をつくる合成がポイントになります。

それには、糖質や脂質などから得られるエネルギーが必要です。

筋肉の中では合成と同時にエネルギーをつくるための分解も起こっています。

分解が合成よりまさってしまうと、体を大きく強くする目的とは反対方向に進んでしまいます。

重要なのは、合成が確実に行われている状態で、のかつ効率的にエネルギーを獲得していくことです。

たんぱく質の合成を積極的に刺激するのが筋トレです。

筋トレをすると約2時間後にはたんぱく質の合成が高まり始め、約24時間で筋線維に蓄積されます。

そして、筋トレの後にアミノ酸を摂取するとたんぱく質合成はさらに高まります。

近年、たんぱく質の合成や分解の鍵を握る物質の一つとして注目されているのがAMP活性プロテインキナーゼ(AMPK)という酵素です。

これは、極端なエネルギー制限をして飢餓状態になったとき、あるいはマラソンのような持久的なトレーニングを続けいているときなどに増え、細胞の中のエネルギーが不足していることを示すシグナルになります。

AMPKには、たんぱく質が合成されて筋肉がつくられる経路ブロックするという性質があります。

エネルギーが足りてないのにもかかわらず筋肉をつくって体を大きくしようとするのは矛盾しているので、合成を抑えてエネルギーを生み出すほうの反応を高めるのです。

エネルギーが極度に不足すると、たんぱく質も分解してエネルギーを得ようとします。

なので、エネルギー不足状態をつくりだすことは、筋肉を大きくする上ではマイナスです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-1

    Coping(コーピング)

    コーピングとはもともとはストレス状況下でストレスの原因を除去したり、ストレス状況を低減するように対処…
  2. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  3. 2017-4-30

    大きな力を出させない身体のしくみ

    スポーツや生活の中で大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。その中で身体を守るため…
  4. 2015-5-23

    AMPK(AMP活性プロテインキナーゼ)とは

    細胞の中ではさまざまな種類の酵素が生きるための仕事を役割分担しながら行っています。AMPKは…
  5. 2015-12-16

    筋膜について考える。

    筋膜とは、全身の筋のほか、骨や心臓、脳などの臓器をすべて包み込んでいる膜のことで、全身をくまなく覆っ…
ページ上部へ戻る