筋肉をつけるという観点では、小さな分子であるアミノ酸から、大きな分子であるたんぱく質をつくる合成がポイントになります。

それには、糖質や脂質などから得られるエネルギーが必要です。

筋肉の中では合成と同時にエネルギーをつくるための分解も起こっています。

分解が合成よりまさってしまうと、体を大きく強くする目的とは反対方向に進んでしまいます。

重要なのは、合成が確実に行われている状態で、のかつ効率的にエネルギーを獲得していくことです。

たんぱく質の合成を積極的に刺激するのが筋トレです。

筋トレをすると約2時間後にはたんぱく質の合成が高まり始め、約24時間で筋線維に蓄積されます。

そして、筋トレの後にアミノ酸を摂取するとたんぱく質合成はさらに高まります。

近年、たんぱく質の合成や分解の鍵を握る物質の一つとして注目されているのがAMP活性プロテインキナーゼ(AMPK)という酵素です。

これは、極端なエネルギー制限をして飢餓状態になったとき、あるいはマラソンのような持久的なトレーニングを続けいているときなどに増え、細胞の中のエネルギーが不足していることを示すシグナルになります。

AMPKには、たんぱく質が合成されて筋肉がつくられる経路ブロックするという性質があります。

エネルギーが足りてないのにもかかわらず筋肉をつくって体を大きくしようとするのは矛盾しているので、合成を抑えてエネルギーを生み出すほうの反応を高めるのです。

エネルギーが極度に不足すると、たんぱく質も分解してエネルギーを得ようとします。

なので、エネルギー不足状態をつくりだすことは、筋肉を大きくする上ではマイナスです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  2. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  3. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  4. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  5. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
ページ上部へ戻る