日本人の2人に1人は遺伝的にお酒に弱くできています。

お酒には依存症や禁断症状があったり、飲めば飲むほど耐性ができ、より強いお酒をより多く飲めるようになるため、軽いお酒では満足できなくなります。

アルコールの問題点は、現実に生命を脅かす点にあります。

お酒のアルコール成分は「エタノール」ですが、エタノールの生きるか死ぬかの量は、60kgの体重の大人の場合84mlです。

30度の焼酎なら300ml飲めばこの値に達します。

これは飲めない量ではないですし、耐性のある人なら平気で飲んでしまう量です。

その他にも、お酒は精神的にも影響を与えます。

それは、お酒が中枢神経へ作用すると、あらゆる神経系を抑制し始めるからです。

飲み始めてから、理性を生み出している神経が抑制され、さらにお酒が進むと、中枢神経に抑制がかかり鎮静状態となります。

へべれけという状態はさらに抑制が進行し運動神経の機能が低下した状態です。

さらに、アルコールを摂取すると呼吸などの生命維持に関わっている脳幹部まで抑制してしまいます。

お酒はほどよく飲みましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
  2. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  3. 2015-5-25

    水の飲み過ぎによる水中毒とは

    これからの季節、これまでより水分摂取の量が増えてくるかと思いますが、過度の水分摂取には気をつけないと…
  4. 2016-3-13

    睡眠欲求の2つのプロセス

    睡眠は概日性の行動であり、すべての種において、睡眠の周期は地球の自転と昼夜周期を知らせる時間の手がか…
  5. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
ページ上部へ戻る