核内受容体PPARγと肥満の関係

肝臓は、糖質および脂質代謝を担う主要な組織であり、エネルギー代謝の中心的役割を担う組織です。

通常、過剰なエネルギーは主に脂肪組織に蓄えられますが、肝臓も程度の差はあるものの、脂質の貯蔵庫になります。

一般的に肝実質細胞に脂質が蓄積された状態は脂肪肝と総称され、その発症機序からアルコール性、非アルコール性脂肪肝に大別されています。

非アルコール性脂肪肝は、薬物や毒物の暴露、妊娠などでも生じることが知られていますが、メタボリックシンドロームとして肥満あるいは2型糖尿病などに併発する場合が多くあります。

その発症原因については多様な因子の関与が推測されることから、単に肝における脂質合成・分解のバランスの破綻として考えられていました。

しかし、近年の研究により具体的な原因因子の存在を示唆する結果が得られてきました。

PPARγは、ステロイドホルモン受容体スーパーファミリーに属する核内受容体であり、現在α、δ、γの3つのサブタイプが知られています。

このうちPPARγは主に脂肪組織に高発現するサブタイプであり、前駆脂肪細胞から成熟脂肪細胞への分化に必須な因子として報告されています。

通常、正常マウスの肝臓ではPPARαが高発現しており、PPARγの発現レベルは低くなっています。

ところが、2型糖尿病モデルマウスにおいては例外的に発現しており、これらのマウスは非アルコール性脂肪肝のモデルでもあるため、肝実質細胞における過剰な脂質の蓄積を特徴とします。

また、PPARγの発現誘導は疾患モデルマウスの脂肪肝だけでなく、正常マウスにおける高脂肪食誘導性脂肪肝においても報告されました。

脂肪肝に誘導されるPPARγの役割は、これを欠損させたマウスの高血糖、耐糖能、インスリン抵抗性のさらなる悪化を招いたことから、関節的ではあるものの、全身性の血糖およびインスリン感受性にも関与していることが示唆されました。

脂肪肝におけるPPARγの発現誘導は、迷走神経の肝臓枝を介する神経シグナルの発生を促し、このシグナルが脳に伝達され交感神経を活性化することによってエネルギー消費を増加すなわち体重増加を抑制し、インスリン抵抗性や耐糖能を改善するというものです。

肝臓に発現誘導されるPPARγは、肥満などによる過剰な脂質を肝臓に蓄えることで、エネルギー消費をもたらす神経シグナルを発生させ、より深刻な全身性の疾患の悪化を防いでいるかもしれません。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-12

    身体活動は運動単位の性質を変えうる

    習慣的な身体活動レベルの変化は、運動単位の収縮の3つの性質、すなわち収縮速度、最大張力、疲労性に影響…
  2. 2016-3-31

    共感覚(synesthesia)とは

    共感覚(synesthesia)とは、通常ある種の刺激で起こる感覚を、別の感覚刺激で起こす現象です。…
  3. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
  4. 2017-1-9

    筋肥大におけるホルモンの役割

    成長因子の働き成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節…
  5. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
ページ上部へ戻る