アレルギー体質の人のリンパ節では2型ヘルパーT細胞が増えています。

ヘルパーT細胞には1型と2型があり、通常両者は、バランス保ち免疫反応をコントロールしています。

1型は、マクロファージやキラーT細胞を活性化させたり、B細胞IgG抗体生産を促すヘルパーT細胞です。

2型は、IgE抗体生産を促すヘルパーT細胞です。

1型のIgG抗体は細菌やウイルスを攻撃する抗体です。

2型のIgE抗体は体に侵入してきたアレルゲンと結合し、アレルギー反応を起こす抗体です。

アレルギー体質になるかどうか決まるのは、生後数週間から数年間と考えられています。

その頃の環境がその後のアレルギー疾患の発症に大きく影響します。

生まれたばかりの赤ちゃんのリンパ節には1型ヘルパーT細胞も2型ヘルパーT細胞もほとんど存在しません。

ナイーヴT細胞と呼ばれる細胞が多いです。

ナイーヴT細胞は細菌やウイルスに接触すると1型ヘルパーT細胞に変わります。

子供の頃に細菌やウイルスと接触する機会が少ないと、ナイーヴT細胞は1型ヘルパーT細胞にならずに2型ヘルパーT細胞になってしまいます。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  2. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  3. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  4. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  5. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
ページ上部へ戻る