アレルギー体質の人のリンパ節では2型ヘルパーT細胞が増えています。

ヘルパーT細胞には1型と2型があり、通常両者は、バランス保ち免疫反応をコントロールしています。

1型は、マクロファージやキラーT細胞を活性化させたり、B細胞IgG抗体生産を促すヘルパーT細胞です。

2型は、IgE抗体生産を促すヘルパーT細胞です。

1型のIgG抗体は細菌やウイルスを攻撃する抗体です。

2型のIgE抗体は体に侵入してきたアレルゲンと結合し、アレルギー反応を起こす抗体です。

アレルギー体質になるかどうか決まるのは、生後数週間から数年間と考えられています。

その頃の環境がその後のアレルギー疾患の発症に大きく影響します。

生まれたばかりの赤ちゃんのリンパ節には1型ヘルパーT細胞も2型ヘルパーT細胞もほとんど存在しません。

ナイーヴT細胞と呼ばれる細胞が多いです。

ナイーヴT細胞は細菌やウイルスに接触すると1型ヘルパーT細胞に変わります。

子供の頃に細菌やウイルスと接触する機会が少ないと、ナイーヴT細胞は1型ヘルパーT細胞にならずに2型ヘルパーT細胞になってしまいます。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  2. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  3. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
  4. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  5. 2015-3-9

    タンパク質のネットバランスとは?

    糖質は運動中の最も重要なエネルギー源になります。たとえばアスリートは試合前の夕食に高糖質…
ページ上部へ戻る