アレルギー体質の人のリンパ節では2型ヘルパーT細胞が増えています。

ヘルパーT細胞には1型と2型があり、通常両者は、バランス保ち免疫反応をコントロールしています。

1型は、マクロファージやキラーT細胞を活性化させたり、B細胞IgG抗体生産を促すヘルパーT細胞です。

2型は、IgE抗体生産を促すヘルパーT細胞です。

1型のIgG抗体は細菌やウイルスを攻撃する抗体です。

2型のIgE抗体は体に侵入してきたアレルゲンと結合し、アレルギー反応を起こす抗体です。

アレルギー体質になるかどうか決まるのは、生後数週間から数年間と考えられています。

その頃の環境がその後のアレルギー疾患の発症に大きく影響します。

生まれたばかりの赤ちゃんのリンパ節には1型ヘルパーT細胞も2型ヘルパーT細胞もほとんど存在しません。

ナイーヴT細胞と呼ばれる細胞が多いです。

ナイーヴT細胞は細菌やウイルスに接触すると1型ヘルパーT細胞に変わります。

子供の頃に細菌やウイルスと接触する機会が少ないと、ナイーヴT細胞は1型ヘルパーT細胞にならずに2型ヘルパーT細胞になってしまいます。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-21

    クールダウンで体全体の負担を減らす

    筋トレを行いそのままクールダウンをせずに終わっていませんか?筋トレ終了後のクールダウンは大切…
  2. 2015-7-29

    静的ストレッチングについて

    ストレッチングは運動療法において実勢頻度の高い手技のひとつです。ストレッチングにより得られる…
  3. 2017-1-17

    骨増強のためのトレーニング

    日常生活レベルの骨の歪みによって微小骨折が発生し、この損傷治癒機転として損傷部位の吸収、再形成がおこ…
  4. 2015-6-22

    リクルートメントとレートコーディング

    筋肉の収縮は興奮収縮連関によって生じ、運動単位は筋収縮の基本単位となります。ある特定の筋の収縮力…
  5. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
ページ上部へ戻る