脂肪の構造

脂肪は脂質とも呼ばれ、3大栄養素の中では最もエネルギー量の多い栄養素です。
言い換えれば、体内に貯蔵するには最も効率がよい物質になります。

脂肪と言っても多くの種類がありますが、エネルギー貯蔵の役割をしているのは、いわゆる「中性脂肪」です。

中性脂肪とは「グリセロール」に「脂肪酸」が結合(エステル化)したものです。
グリセロールは化学的にはアルコールの仲間で3価のアルコールになります。
3価とは他の分子と結合できる場所が3本あるということを意味します。

この3本に結合部分に種類の違う「脂肪酸」が結合します。
1つは「モノグリセリド」、残りの2つに結合するのが「ジグリセリド」、3本すべてに脂肪酸が結合したものを「トリグリセリド」といい、だいたいの中性脂肪はこの「トリグリセリド」になります。

従って、私たちが一般的に中性脂肪と考えているものは「トリグリセリド」になる訳です。

一方、脂肪酸は化学的にいうと、鎖状の炭化水素の「1価のカルボン酸」というものになります。
長い鎖状の両端にはそれぞれ「メチル基」、「カルボキシル基」が結合します。

この脂肪酸、生合成される際に長鎖の炭素数が2個ずつ増えるのですが、炭化水素の数が4以下のものを「短鎖脂肪酸」、5〜10のものを「中鎖脂肪酸」、12以上のものを「長鎖脂肪酸」とよんでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
  2. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  3. 2014-9-27

    ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  4. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
  5. 2015-7-31

    運動療法から考える骨格筋

    運動療法とは運動を行うことで身体の機能の回復や、症状の改善を目指す療法です。主な目的は疾病や…
ページ上部へ戻る