脂肪の構造

脂肪は脂質とも呼ばれ、3大栄養素の中では最もエネルギー量の多い栄養素です。
言い換えれば、体内に貯蔵するには最も効率がよい物質になります。

脂肪と言っても多くの種類がありますが、エネルギー貯蔵の役割をしているのは、いわゆる「中性脂肪」です。

中性脂肪とは「グリセロール」に「脂肪酸」が結合(エステル化)したものです。
グリセロールは化学的にはアルコールの仲間で3価のアルコールになります。
3価とは他の分子と結合できる場所が3本あるということを意味します。

この3本に結合部分に種類の違う「脂肪酸」が結合します。
1つは「モノグリセリド」、残りの2つに結合するのが「ジグリセリド」、3本すべてに脂肪酸が結合したものを「トリグリセリド」といい、だいたいの中性脂肪はこの「トリグリセリド」になります。

従って、私たちが一般的に中性脂肪と考えているものは「トリグリセリド」になる訳です。

一方、脂肪酸は化学的にいうと、鎖状の炭化水素の「1価のカルボン酸」というものになります。
長い鎖状の両端にはそれぞれ「メチル基」、「カルボキシル基」が結合します。

この脂肪酸、生合成される際に長鎖の炭素数が2個ずつ増えるのですが、炭化水素の数が4以下のものを「短鎖脂肪酸」、5〜10のものを「中鎖脂肪酸」、12以上のものを「長鎖脂肪酸」とよんでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  2. 2014-10-10

    ランボペルビック・リズムとは?

    腰椎や骨盤付近の構造を考える際に「ランボペルビック・リズム」という捉え方をすることがあります。…
  3. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  4. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
  5. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
ページ上部へ戻る