脂肪の構造

脂肪は脂質とも呼ばれ、3大栄養素の中では最もエネルギー量の多い栄養素です。
言い換えれば、体内に貯蔵するには最も効率がよい物質になります。

脂肪と言っても多くの種類がありますが、エネルギー貯蔵の役割をしているのは、いわゆる「中性脂肪」です。

中性脂肪とは「グリセロール」に「脂肪酸」が結合(エステル化)したものです。
グリセロールは化学的にはアルコールの仲間で3価のアルコールになります。
3価とは他の分子と結合できる場所が3本あるということを意味します。

この3本に結合部分に種類の違う「脂肪酸」が結合します。
1つは「モノグリセリド」、残りの2つに結合するのが「ジグリセリド」、3本すべてに脂肪酸が結合したものを「トリグリセリド」といい、だいたいの中性脂肪はこの「トリグリセリド」になります。

従って、私たちが一般的に中性脂肪と考えているものは「トリグリセリド」になる訳です。

一方、脂肪酸は化学的にいうと、鎖状の炭化水素の「1価のカルボン酸」というものになります。
長い鎖状の両端にはそれぞれ「メチル基」、「カルボキシル基」が結合します。

この脂肪酸、生合成される際に長鎖の炭素数が2個ずつ増えるのですが、炭化水素の数が4以下のものを「短鎖脂肪酸」、5〜10のものを「中鎖脂肪酸」、12以上のものを「長鎖脂肪酸」とよんでいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  2. 2015-12-31

    脊柱安定化機構における靭帯の存在

    脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。…
  3. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  4. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
  5. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
ページ上部へ戻る