スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。

これは、利き手や利き足による同じ動作の連続や、ポジションによっていつも同じ姿勢をとるなどの影響が考えられます。

競技特性が体に現れてしまうのは仕方がないかもしれませんが、それが極端になってくると体全体のバランスが欠け不安定になり、パワーを最大限に発揮することが難しくなり、また怪我を引き起こす要因にもなってしまいます。

脊柱の正常化により腹部や背部の筋肉の収縮・伸展がしやすくなり、体幹をコントロールする範囲が広がります。

体幹は縦方向だけでなく、横に倒す動作・ねじる動作・斜めに伸ばす動作・縮める動作・立て直す動作などさまざまなスポーツシーンにおいて必要になります。

骨盤にも同じようなことが言えます。

腹部・腰部・臀部の筋のバランスが保たれないことによって、過度な骨盤の前傾・後傾が起こることがあります。

骨盤が適切な位置にある状態が本来理想的ですが、アスリートはすべてが均等であることは難しく、骨盤の前傾・後傾がすべての人に悪いとは一概には言えません。

例えば、黒人アスリートに多く見られるのは骨盤の前傾です。

これは、東洋人に比べて臀部の筋肉が発達しているためそのように見えることもありますが、全体的にやはり前傾しています。

しかし、彼らにとってはその骨盤のポジションが適切な場合が多いのです。

このように元々の骨格の違いはありますが、スポーツ動作の特性によって極端に傾いてしまった骨盤は、体幹トレーニングを行うことで、より適切な位置に修正することが可能です。

『自分の身体』と『競技特性』を考えトレーニングすることが重要なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
  2. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  3. 2015-1-10

    3つの動きが生み出す可能性

    今日は、重力や引力コリオリ力などの物理的法則を適応させ身体を整える、三軸修正法について書いていこうと…
  4. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  5. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
ページ上部へ戻る