スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。

これは、利き手や利き足による同じ動作の連続や、ポジションによっていつも同じ姿勢をとるなどの影響が考えられます。

競技特性が体に現れてしまうのは仕方がないかもしれませんが、それが極端になってくると体全体のバランスが欠け不安定になり、パワーを最大限に発揮することが難しくなり、また怪我を引き起こす要因にもなってしまいます。

脊柱の正常化により腹部や背部の筋肉の収縮・伸展がしやすくなり、体幹をコントロールする範囲が広がります。

体幹は縦方向だけでなく、横に倒す動作・ねじる動作・斜めに伸ばす動作・縮める動作・立て直す動作などさまざまなスポーツシーンにおいて必要になります。

骨盤にも同じようなことが言えます。

腹部・腰部・臀部の筋のバランスが保たれないことによって、過度な骨盤の前傾・後傾が起こることがあります。

骨盤が適切な位置にある状態が本来理想的ですが、アスリートはすべてが均等であることは難しく、骨盤の前傾・後傾がすべての人に悪いとは一概には言えません。

例えば、黒人アスリートに多く見られるのは骨盤の前傾です。

これは、東洋人に比べて臀部の筋肉が発達しているためそのように見えることもありますが、全体的にやはり前傾しています。

しかし、彼らにとってはその骨盤のポジションが適切な場合が多いのです。

このように元々の骨格の違いはありますが、スポーツ動作の特性によって極端に傾いてしまった骨盤は、体幹トレーニングを行うことで、より適切な位置に修正することが可能です。

『自分の身体』と『競技特性』を考えトレーニングすることが重要なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
  2. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  3. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  4. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  5. 2015-6-23

    血糖値の恒常性

    グルコースは、摂食、消化された炭水化物が肝臓でグリコーゲンとして貯蔵され、グリコーゲンから変換されて…
ページ上部へ戻る