スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。

これは、利き手や利き足による同じ動作の連続や、ポジションによっていつも同じ姿勢をとるなどの影響が考えられます。

競技特性が体に現れてしまうのは仕方がないかもしれませんが、それが極端になってくると体全体のバランスが欠け不安定になり、パワーを最大限に発揮することが難しくなり、また怪我を引き起こす要因にもなってしまいます。

脊柱の正常化により腹部や背部の筋肉の収縮・伸展がしやすくなり、体幹をコントロールする範囲が広がります。

体幹は縦方向だけでなく、横に倒す動作・ねじる動作・斜めに伸ばす動作・縮める動作・立て直す動作などさまざまなスポーツシーンにおいて必要になります。

骨盤にも同じようなことが言えます。

腹部・腰部・臀部の筋のバランスが保たれないことによって、過度な骨盤の前傾・後傾が起こることがあります。

骨盤が適切な位置にある状態が本来理想的ですが、アスリートはすべてが均等であることは難しく、骨盤の前傾・後傾がすべての人に悪いとは一概には言えません。

例えば、黒人アスリートに多く見られるのは骨盤の前傾です。

これは、東洋人に比べて臀部の筋肉が発達しているためそのように見えることもありますが、全体的にやはり前傾しています。

しかし、彼らにとってはその骨盤のポジションが適切な場合が多いのです。

このように元々の骨格の違いはありますが、スポーツ動作の特性によって極端に傾いてしまった骨盤は、体幹トレーニングを行うことで、より適切な位置に修正することが可能です。

『自分の身体』と『競技特性』を考えトレーニングすることが重要なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  2. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  3. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  4. 2014-11-24

    コレステロールって悪いもの?

    皆さん、コレステロールについてどういうイメージをお持ちですか?多くの方がコレステロールは身体…
  5. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
ページ上部へ戻る