痒みの定義

痒みという言葉は、皮膚の表面で感じられるあの不快な感覚を思い出しますが、その掻かずにはいられないイライラした感じから、日常生活の中では「歯痒い」「むず痒い」などさまざまな表現で使われています。

最初に痒みを医学的に定義したのは、ドイツ人の医師ハフェンレファという人です。

1660年に彼は痒みを「掻きたくなるような、あるいは掻かずにおられないような、そして掻破行動を起こす不快な感覚」と定義しています。

痒みを掻くという行為は、1対1のきわめて緊密なつながりがあります。

掻きたいという欲求は、非常に強く、ヒト以外の動物では、痒みがある皮膚を掻き壊して潰瘍ができたり、さらにそれが化膿して、死ぬまで掻き続けることもあるといいます。

たとえば、痛みに対応する行動には、撫でる、さする、手を当てるなどいろいろな反応があります。

また痛みには「ズキズキ」、「ヒリヒリ」などさまざまな種類のものがあり、さらにはその人の心理的な影響を色濃く反映しています。

これに対して「痒み」には一種類しかなく、しかもその強さは、掻く程度を測ると客観的にわかります。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  2. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  3. 2014-12-16

    お酢を飲むと体が柔らかくなる・・?

    世の中には、合理的な根拠は欠いているものの、多くの人に信じられている迷信がたくさんあります。…
  4. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
ページ上部へ戻る