ヒトの脳は、成人で重さ約1200から1500グラムです。

頭蓋骨の中で、脳脊髄液という無色透明な液体につかています。

脳は「神経細胞(ニューロン)」と「グリア細胞」という2種類の細胞からできています。

脳の活動の主役は神経細胞です。

一方でグリア細胞とは、神経細胞の間を埋め、神経細胞の活動を補助する細胞の総称で、神経細胞に栄養を供給したり、性状に働かなくなった神経細胞を除去したりしています。

神経細胞は脳内に1000億個以上もあるといわれているが、それぞれの細胞は、数個から数万個の神経細胞とつながりあっています。

では神経細胞どうしは、どのように情報をつたえているのでしょう?

一つの神経細胞の中では、情報は電気信号として伝えられています。

ところが、他の神経細胞に、電気信号をそのまま伝えることはできないのです。

なぜなら、他の神経細胞とのつなぎ目であるシナプスには、ほんのわずかな隙間があいているからです。

電気信号はこの隙間を越えることはできないため、代わりに神経伝達物質という化学物質を使って情報を伝えています。

神経細胞はシナプスの隙間に神経伝達物質を放出します。

放出された神経伝達物質は、受けてとなる神経細胞の表面にある受容体というタンパク質にくっつきます。

これがきっかけで受けて側の神経細胞では電気信号が発生し、神経伝達物質という化学的な信号が、ここでふたたび電気信号へと戻ります。

このように脳の中では、電気的名信号と化学的な信号が変換されながら、無数の情報がつたえられているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-24

    横突棘筋の解剖

    横突棘筋とは、半棘筋、多裂筋、回旋筋の総称で、脊柱の最深層に位置する筋です。半棘筋は、これら…
  2. 2014-10-6

    年をとったときに、脳を守るには?

    年をとった脳を健やかに保つのに一番効果的な方法って知ってますか?意外なんですが、答えは運動で…
  3. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  4. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  5. 2015-2-4

    トレーニングの方法

    トレーニングの方法にはいくつか種類がありますが、それぞれにはそれぞれの良さがあり、どれも特徴が違いま…
ページ上部へ戻る