ヒトの脳は、成人で重さ約1200から1500グラムです。

頭蓋骨の中で、脳脊髄液という無色透明な液体につかています。

脳は「神経細胞(ニューロン)」と「グリア細胞」という2種類の細胞からできています。

脳の活動の主役は神経細胞です。

一方でグリア細胞とは、神経細胞の間を埋め、神経細胞の活動を補助する細胞の総称で、神経細胞に栄養を供給したり、性状に働かなくなった神経細胞を除去したりしています。

神経細胞は脳内に1000億個以上もあるといわれているが、それぞれの細胞は、数個から数万個の神経細胞とつながりあっています。

では神経細胞どうしは、どのように情報をつたえているのでしょう?

一つの神経細胞の中では、情報は電気信号として伝えられています。

ところが、他の神経細胞に、電気信号をそのまま伝えることはできないのです。

なぜなら、他の神経細胞とのつなぎ目であるシナプスには、ほんのわずかな隙間があいているからです。

電気信号はこの隙間を越えることはできないため、代わりに神経伝達物質という化学物質を使って情報を伝えています。

神経細胞はシナプスの隙間に神経伝達物質を放出します。

放出された神経伝達物質は、受けてとなる神経細胞の表面にある受容体というタンパク質にくっつきます。

これがきっかけで受けて側の神経細胞では電気信号が発生し、神経伝達物質という化学的な信号が、ここでふたたび電気信号へと戻ります。

このように脳の中では、電気的名信号と化学的な信号が変換されながら、無数の情報がつたえられているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
  2. 2017-2-11

    筋力トレーニングは慢性障害やネンザの予防になる。

    より強いパワーやより速いスピードを身につけることだけが、筋力トレーニングの効果ではありません。…
  3. 2017-3-12

    発育期における筋力エクササイズ

    近年子ども達の体力や運動能力の低下が指摘されています。筋の発揮する張力は身体活動の基盤であり…
  4. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  5. 2015-5-13

    考え事と首のひねりの関係

    ヒトの大脳の左右の半球はそれぞれ右脳と左脳とよばれ、右半球は音楽、イメージ、経験、直感的な認識、いわ…
ページ上部へ戻る