情動の記憶は何処へ

ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。

記憶には短期記憶・長期記憶があり、これらは主に脳の海馬が役割を担っています。

しかし、「怖い」や「嫌だ」といった情動的な出来事と関連付けられる記憶は大脳辺縁系の扁桃体という器官が役割を担います。

言い換えれば、好き嫌いを分ける器官でもあるということです。

扁桃体には視覚、聴覚、嗅覚、味覚などさまざまな情報があつまります。

それらを統合して扁桃体が興奮すると、視床下部に情報を送り、視床下部と連絡しているA-10神経からドパミンが分泌されます。

この時の快感が好きだという感情を生み、扁桃体の細胞に記憶されます。

恐怖の記憶の際、感覚情報は扁桃体の基底外側複合体、特に外側核へと送られ、そこで刺激の記憶と関連付けられます。

刺激と予測される出来事との連合は、持続的な興奮性シナプス後電位によりシナプス応答性を上げる長期増強を介して行われます。

外側核のシナプス応答に刷り込まれている情動的経験の記憶が、扁桃体の中心核との接続を介して恐怖行動を引き起こします。

中心核は、硬直や呼吸と脈拍の増加、ストレスホルモンの放出などの多くの恐怖行動の産生に関係しています。

扁桃体は記憶固定の調節にも関わっています。

学習される出来事の後に、その出来事の長期記憶が即座に形成されるわけではありません。

むしろその出来事に関する情報は、記憶固定と呼ばれる処理によって長期的な貯蔵庫にゆっくりと同化され、半永久的な状態へと変化し、生涯に渡って保たれます。

記憶固定の際、その記憶には調節が起きます。

特に学習される出来事の後の情動の喚起は、その出来事の記憶を強める影響を起こします。

学習される出来事の後の情動の喚起が強いほど、その人の持つ出来事の記憶の保持が強化されます。

マウスを用いた実験では、マウスが何かを学習した後すぐにストレスホルモンを導入し2日後にテストすると、記憶の保持が強化されているという実験が示されています。

このように情動と関連付けられた記憶は扁桃体に貯蔵されており、より強い情動は記憶の保持が強く強化されているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  2. 2016-9-6

    ケトジェニックダイエット

    ヒトが活動するためにはエネルギー代謝が不可欠です。その中でも主なものはブトウ糖など糖質を…
  3. 2016-6-24

    横隔膜の呼吸運動

    横隔膜は、呼吸と姿勢安定化の2つの役割があります。Lewitは、健全な呼吸パターンが実行されない…
  4. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  5. 2015-4-14

    神経系とは

    神経系は、末梢からの刺激を受け取り、これに対して興奮を起こす中枢神経系と、刺激や興奮を伝導する末梢神…
ページ上部へ戻る