世間一般に使われているABO式の血液型はよく性格を分類する手段として広く知られています。

じゃあそもそもABO式血液型とは何の違いなのでしょう?

細胞の表面には多くの糖タンパク質がついています。

これは細胞膜上のタンパク質に糖が結合したものです。

そして、赤血球表面のタンパク質に糖がついたものが血液型の型物質(抗原)で、結合する糖の種類によって血液型が決まるのです。

つまり、A抗原を持てばA型、B抗原を持てばB型、両方の抗原を持てばAB型、どちらもなけれO型となります。

O型の場合、抗原がないわけではなく、H抗原という抗原をもっていて、H抗原は糖タンパク質の先のガラクトースという糖の部分にフコースがついたもので、これはどの血液型でもつくられます。

A抗原はH抗原にN‐アセチルガラクトサミンという糖が1つついたもので、B抗原はH抗原にもう1つガラクトースがついています。

つまり、ABO式血液型というのは、赤血球表面の糖タンパク質にN-アセチルガラクトサミンかガラクトースがついているか、ついていないかという違いに過ぎないのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-15

    運動連鎖とは

    トレーニングやリハビリなどの運動療法の世界では、よく運動連鎖という概念が用いられます。運…
  2. 2017-5-6

    足裏チェックして姿勢を改善

    姿勢をただしてくださいと言われると、多くの人は背中を意識して背筋をピンと伸ばそうとすると思います。…
  3. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  4. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  5. 2015-10-3

    足底筋膜炎のメカニズム

    足底筋膜(plantar fascia)は足底筋群を覆う筋膜のことですが、その中央部は強靭な線維で構…
ページ上部へ戻る