世間一般に使われているABO式の血液型はよく性格を分類する手段として広く知られています。

じゃあそもそもABO式血液型とは何の違いなのでしょう?

細胞の表面には多くの糖タンパク質がついています。

これは細胞膜上のタンパク質に糖が結合したものです。

そして、赤血球表面のタンパク質に糖がついたものが血液型の型物質(抗原)で、結合する糖の種類によって血液型が決まるのです。

つまり、A抗原を持てばA型、B抗原を持てばB型、両方の抗原を持てばAB型、どちらもなけれO型となります。

O型の場合、抗原がないわけではなく、H抗原という抗原をもっていて、H抗原は糖タンパク質の先のガラクトースという糖の部分にフコースがついたもので、これはどの血液型でもつくられます。

A抗原はH抗原にN‐アセチルガラクトサミンという糖が1つついたもので、B抗原はH抗原にもう1つガラクトースがついています。

つまり、ABO式血液型というのは、赤血球表面の糖タンパク質にN-アセチルガラクトサミンかガラクトースがついているか、ついていないかという違いに過ぎないのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  2. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  3. 2016-12-13

    競技力アップのための「専門スキル」

    いかにダイナミックな競技動作の中で、パワーを上手に発揮するのかという点についてのポイントは「反動をつ…
  4. 2016-1-16

    腱の機能解剖

    腱は筋と骨を結ぶ強靭な結合組織で、筋の収縮力を骨格へ効果的に伝達する。筋腱移行部では腱は筋細胞と…
  5. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
ページ上部へ戻る