ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。

ヒトの脂肪細胞は一定の大きさで単房性の脂肪滴をもつため、核は細胞膜に接触した形で平らに変形しており、平均直径は約60〜90μmです。

しかし、こういった脂肪組織の形態は肥満になると劇的に変化します。

肥満のヒトの場合、脂肪細胞の直径は最大140〜150μmまで肥大化すると言われています。

この肥大化により体積は3倍にまで増大します。

体重が100kgを超えた肥満者においても150μmを超す脂肪細胞は認められないことから、肥満形成には脂肪細胞自体の増加が必要になるということがわかります。

計算上では、体重115kgの肥満者で脂肪細胞数は2倍の600億個になると考えられています。

その機序においてマウスを用いた実験で、まず脂肪細胞のサイズが増大し、直径が140〜150μmに達した後に脂肪細胞数が増えることが明らかにされています。

増加した脂肪細胞はまた肥大し、そしてまた数が増えていく…といった具合に肥満形成が生まれます。

脂肪細胞の肥大化は、細胞内に蓄積している中性脂肪量に依存します。

いったん過剰なエネルギーを蓄えて肥大化した脂肪細胞は、単に細胞の肥大化にとどまらず、形質が大きく変化すると考えられています。

肥満細胞からは特定の生理的調節機能に作用する生理活性物質が分泌され、糖質や脂質代謝などエネルギー代謝の恒常性に役立っていますが、肥大化した脂肪細胞においては、その働きを担うレプチンやアディポネクチンが抑制され、糖尿病や高脂血症と関連するTNF-αやレジスチンなどの分泌が促進してしまいます。

また、インスリン感受性を亢進させるアディポネクチンの分泌低下により肝臓や骨格筋などの他臓器においてインスリン抵抗性が憎悪し、生体の糖代謝の恒常性を破綻させると考えられています。

逆に脂肪細胞の小型化によりインスリン感受性が亢進することが分かっています。

細胞のサイズによる炎症性サイトカインやアディポサイトカインの発現や分泌の制御には、肥満によって生じる全身のインスリン抵抗性がインスリン分泌を誘導し、過剰なインスリンが脂肪細胞での炎症性サイトカインやアディポサイトカインの発現や分泌を変化させ、さらにこのアディポサイトカインの変化がさらなるインスリン抵抗性を誘導することで、肥満病態が形成され悪循環になる可能性が推測できます。

また、脂肪細胞を培養して肥大化させた実験においては、脂肪細胞が自律的にこのようなアディポネクチン抑制、炎症性サイトカイン発現の誘導を行っているという結果も出ています。

したがって、脂肪細胞の肥大化により、その環境と脂肪細胞そのものが肥満を亢進、健康の阻害を行っていると考えることが出来ます。

たかが肥満されど肥満、これを良しとするかは自分次第ということですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  2. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  3. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  4. 2016-4-10

    運動学習とフィッツの三相説

    人間発達は遺伝と環境、あるいは成熟と学習の相互作用という視点から理解されてきています。中枢神…
  5. 2015-6-14

    神経系と下行性伝導路

    下行性伝導路は遠心性伝導路ともいい、中枢の興奮を末梢に伝えるもので、運動伝導路と分泌伝導路からなって…
ページ上部へ戻る