水の飲み過ぎによる水中毒とは

これからの季節、これまでより水分摂取の量が増えてくるかと思いますが、過度の水分摂取には気をつけないといけません。

水中毒とは、過度の水分摂取によって生じる中毒症状であり、低ナトリウム血症やけいれんを生じ、重症では死に至ることもあります。

2007年には、アメリカで、「トイレに行かずにどこまで水を飲めるか」といった趣旨の大会で優勝した28歳の女性が大会の数時間後に水中毒が原因で亡くなっています。

その量はすさまじく3時間超でほぼ2ガロン(約7.5リットル)ほどだったと言われています。

人間の腎臓が持つ最大の利尿速度は毎分16mlであるため、これを超える速度で水分を摂取すると体内の水分過剰で細胞が膨化し、低ナトリウム血症を引き起こす水中毒に陥ることになります。

マラソンなどの長距離陸上競技においてレース中の事故は脱水症よりも低ナトリウム血症が多いことが知られています。

レース中の低ナトリウム血症の危険因子としては、水分の摂り過ぎによる給水の失敗、水分組成の問題、BMIの低い人、マラソン経験の少ない人、非ステロイド消炎鎮痛剤を使っている人、女性ランナーなどが考えられています。

また、下痢などで激しい脱水症状を起こした際にスポーツドリンクを大量に与えると、特に乳幼児において、水中毒を惹起することがあります。

これは病的な脱水時の水分補給には、一般的なスポーツドリンクではナトリウム濃度が低すぎることにより低ナトリウム血症になることが原因です。

病的な脱水時には経口補水液を用いることが模範的といえます。

よほどのことがない限り、水の過剰摂取は起こり得ないとは思いますが、近年では水を飲むことによる健康法なども多く出回っていることから注意が必要です。

水の飲み過ぎによる水中毒、清涼飲料水の飲み過ぎによるペットボトル症候群など水分の過剰摂取による障害はたくさんあります。

何事も適切な量を心がけて安全に健康に水分摂取をしていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-8

    筋力トレーニングと生活サイクル

    自分の理想の体を手に入れるため、パフォーマンスを上げるために筋力トレーニングを行いますが、1日のどの…
  2. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
  3. 2015-5-24

    大脳皮質の地図

    皆さん、脳に地図があることは知っていますか?もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、…
  4. 2015-3-9

    タンパク質のネットバランスとは?

    糖質は運動中の最も重要なエネルギー源になります。たとえばアスリートは試合前の夕食に高糖質…
  5. 2015-6-8

    内側運動制御系と外側運動制御系

    運動は、体幹や四肢の近位筋による歩行や姿勢制御と、手指の遠位筋を用いる精緻運動とに大別されます。…
ページ上部へ戻る