ウィークリーリンクによるエネルギー漏出

ウィークリンクによってエネルギーの漏出が起こる可能性があります。

エネルギーの漏出という言葉は、『ストレス』と同様に、効率の低下を指します。

ある課題や動作を行うために生み出されたエネルギーのすべてが、その課題や動作に使われなかったときに起こっているのが『エネルギーの漏出』です。

科学的に、エネルギーは消失することなく、どこかに使われることが証明されています。
通常、エネルギーは体内にストレスを生み出します。

ストレスは身体のそれ以外の部分で不要な仕事や動きを引き起こす可能性もあり、筋、腱により大きなストレスが加わることになります。【筋挫傷】

あるいは、脊柱、四肢に不自然な動きを生じる場合もあり、関節や靭帯に大きなストレスが加わります。【捻挫】

このような動作が、ストレスと外傷を生み、気づかずにストレスが続けば、代償を支払うことになります。

柔軟性が不足した状態で、トレーニングをした場合、脳と身体は柔軟性の欠如を補い、異なる運動パターンを用います。

また、フォームの不良はほとんどの場合エネルギーの漏出に繋がります。

フォームが不良であっても、よいパフォーマンスを示すことは可能ですが、いずれは故障、疲労、痛みを経験する可能性が高くなります。

トレーニングの際は効率的な動作をつくることが重要です。効率的な動作によって、エネルギーが温存され、リラックスした状態が保たれ、ストレスなくより多くのトレーニングをすることが可能になります。

したがって、トレーニングの際は正しいフォームで行うことがとても重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
  2. 2015-7-26

    咀嚼と脳と健康

    咀嚼とは、噛む動作のことを言います。咀嚼筋は咬筋、側頭筋、内外翼突筋からなり、顎関節に作用し…
  3. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  4. 2015-5-30

    核内受容体PPARγと肥満の関係

    肝臓は、糖質および脂質代謝を担う主要な組織であり、エネルギー代謝の中心的役割を担う組織です。…
  5. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
ページ上部へ戻る