ウィークリーリンクによるエネルギー漏出

ウィークリンクによってエネルギーの漏出が起こる可能性があります。

エネルギーの漏出という言葉は、『ストレス』と同様に、効率の低下を指します。

ある課題や動作を行うために生み出されたエネルギーのすべてが、その課題や動作に使われなかったときに起こっているのが『エネルギーの漏出』です。

科学的に、エネルギーは消失することなく、どこかに使われることが証明されています。
通常、エネルギーは体内にストレスを生み出します。

ストレスは身体のそれ以外の部分で不要な仕事や動きを引き起こす可能性もあり、筋、腱により大きなストレスが加わることになります。【筋挫傷】

あるいは、脊柱、四肢に不自然な動きを生じる場合もあり、関節や靭帯に大きなストレスが加わります。【捻挫】

このような動作が、ストレスと外傷を生み、気づかずにストレスが続けば、代償を支払うことになります。

柔軟性が不足した状態で、トレーニングをした場合、脳と身体は柔軟性の欠如を補い、異なる運動パターンを用います。

また、フォームの不良はほとんどの場合エネルギーの漏出に繋がります。

フォームが不良であっても、よいパフォーマンスを示すことは可能ですが、いずれは故障、疲労、痛みを経験する可能性が高くなります。

トレーニングの際は効率的な動作をつくることが重要です。効率的な動作によって、エネルギーが温存され、リラックスした状態が保たれ、ストレスなくより多くのトレーニングをすることが可能になります。

したがって、トレーニングの際は正しいフォームで行うことがとても重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  2. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  3. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  4. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  5. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
ページ上部へ戻る