ウィークリーリンクによるエネルギー漏出

ウィークリンクによってエネルギーの漏出が起こる可能性があります。

エネルギーの漏出という言葉は、『ストレス』と同様に、効率の低下を指します。

ある課題や動作を行うために生み出されたエネルギーのすべてが、その課題や動作に使われなかったときに起こっているのが『エネルギーの漏出』です。

科学的に、エネルギーは消失することなく、どこかに使われることが証明されています。
通常、エネルギーは体内にストレスを生み出します。

ストレスは身体のそれ以外の部分で不要な仕事や動きを引き起こす可能性もあり、筋、腱により大きなストレスが加わることになります。【筋挫傷】

あるいは、脊柱、四肢に不自然な動きを生じる場合もあり、関節や靭帯に大きなストレスが加わります。【捻挫】

このような動作が、ストレスと外傷を生み、気づかずにストレスが続けば、代償を支払うことになります。

柔軟性が不足した状態で、トレーニングをした場合、脳と身体は柔軟性の欠如を補い、異なる運動パターンを用います。

また、フォームの不良はほとんどの場合エネルギーの漏出に繋がります。

フォームが不良であっても、よいパフォーマンスを示すことは可能ですが、いずれは故障、疲労、痛みを経験する可能性が高くなります。

トレーニングの際は効率的な動作をつくることが重要です。効率的な動作によって、エネルギーが温存され、リラックスした状態が保たれ、ストレスなくより多くのトレーニングをすることが可能になります。

したがって、トレーニングの際は正しいフォームで行うことがとても重要です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  2. 2015-5-22

    アルコール代謝によるRedox Shiftとは

    ダイエットはしているけどお酒は飲む。ダイエットをしている方のなかにもこういった方がいるのでは…
  3. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
  4. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
  5. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
ページ上部へ戻る