人間の体は一つの受精卵が分裂して二つの細胞になり、それがまた分裂していき、最終的には60兆個にもおよびます。

それだけの数の細胞から皮膚や筋肉、消化管など様々な組織や器官がつくられています。

そういった細胞の中に、悪玉の細胞が生まれることがあります。

それががん細胞です。

がん細胞は次々と分裂していき腫瘍をつくり、体中あちこちに転移して増殖を繰り返します。

そもそも正常な細胞とがん細胞は何が違うのでしょう?

私たちの体は、一つ一つの細胞がそれぞれ特定の役割を担っています。

正常な細胞は勝手に分裂して増えることはないです。

また、不要になった細胞は死んでいくことで、全体としての調和を保っています。

しかし、がん細胞は、この調和を乱し、分裂をし続けます。

がんが体の機能不全を引き起こすのは、無駄に分裂して栄養を浪費したり、増殖することで正常な細胞のポジションを奪って、組織や器官を破壊したりするためです。

がん細胞と正常な細胞の大きな違いは、がん細胞は無限に増殖できるうえ、その増殖がとまらないことです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-3

    外界の刺激を感知する「皮膚感覚」

    皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、人体で最も広い表面積を持つ器官です。皮膚には、外…
  2. 2015-9-30

    神経の可塑性について考える

    神経の可塑性とは、新しい経験を経て、神経細胞の活動が変化し、新たな神経細胞間のネットワークが形成され…
  3. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  4. 2016-2-3

    高齢者の歩行と注意

    2つ以上の課題に対して注意を分割する能力は、多くの日常的活動を行っている最中に移動運動を行う場合に重…
  5. 2015-3-25

    ひとりごとも良いものです。

    日常生活の中でよくひとりごとを言う方もいることでしょう。大抵は特に意味の持たない言葉ですが、…
ページ上部へ戻る