人間の体は一つの受精卵が分裂して二つの細胞になり、それがまた分裂していき、最終的には60兆個にもおよびます。

それだけの数の細胞から皮膚や筋肉、消化管など様々な組織や器官がつくられています。

そういった細胞の中に、悪玉の細胞が生まれることがあります。

それががん細胞です。

がん細胞は次々と分裂していき腫瘍をつくり、体中あちこちに転移して増殖を繰り返します。

そもそも正常な細胞とがん細胞は何が違うのでしょう?

私たちの体は、一つ一つの細胞がそれぞれ特定の役割を担っています。

正常な細胞は勝手に分裂して増えることはないです。

また、不要になった細胞は死んでいくことで、全体としての調和を保っています。

しかし、がん細胞は、この調和を乱し、分裂をし続けます。

がんが体の機能不全を引き起こすのは、無駄に分裂して栄養を浪費したり、増殖することで正常な細胞のポジションを奪って、組織や器官を破壊したりするためです。

がん細胞と正常な細胞の大きな違いは、がん細胞は無限に増殖できるうえ、その増殖がとまらないことです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-22

    運動時間の設定

    中枢の循環系機能を高め、心排出量を増加させるためには、目標心拍数を維持した運動を少なくとも20分間続…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトル」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  4. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  5. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
ページ上部へ戻る