人間の体は一つの受精卵が分裂して二つの細胞になり、それがまた分裂していき、最終的には60兆個にもおよびます。

それだけの数の細胞から皮膚や筋肉、消化管など様々な組織や器官がつくられています。

そういった細胞の中に、悪玉の細胞が生まれることがあります。

それががん細胞です。

がん細胞は次々と分裂していき腫瘍をつくり、体中あちこちに転移して増殖を繰り返します。

そもそも正常な細胞とがん細胞は何が違うのでしょう?

私たちの体は、一つ一つの細胞がそれぞれ特定の役割を担っています。

正常な細胞は勝手に分裂して増えることはないです。

また、不要になった細胞は死んでいくことで、全体としての調和を保っています。

しかし、がん細胞は、この調和を乱し、分裂をし続けます。

がんが体の機能不全を引き起こすのは、無駄に分裂して栄養を浪費したり、増殖することで正常な細胞のポジションを奪って、組織や器官を破壊したりするためです。

がん細胞と正常な細胞の大きな違いは、がん細胞は無限に増殖できるうえ、その増殖がとまらないことです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  2. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  3. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  4. 2014-12-6

    脳の機能局在:前頭葉を考える

    前頭葉は大きく分けると5つの大きな区分で考えられる。それぞれを~野と称して、その働きをまとまてみ…
  5. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
ページ上部へ戻る