皆さん、脳に地図があることは知っていますか?
もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、大脳皮質には野によってその細胞構築に違いがあり、それを52野に区分したものを地図と呼んでいます。
これを創りあげたのはドイツの精神科医、神経学者であるブロードマンです。
ブロードマンは大脳皮質組織の神経細胞を染色して可視化し、組織構造が均一である部分をひとまとまりと区分して1から52までの番号を振りました。
大脳皮質は各部位がそれぞれが定まった役割を演じており、特定の機能は特定の場所で行われています。
そのような場所を機能の「中枢」といい、それらが一定の領域に広がっているため、それを「野」といいます。
そういった特定の部位が特定の働きをすることを機能局在性といい、ブロードマンの脳地図はその機能局在性においても重要な役割を果たします。
例えば、大脳皮質中心溝前方の中心前回を中心とする領域は運動野とよばれ、ブロードマンの脳地図で第4野にあたります。
これは全身の筋運動を司る領域です。
この第4野はさらに機能局在性があり、身体部位に対応する局在があります。
この局在を体部位局在といい、これはもうひとつの脳地図である、ペンフィールドの脳地図または、ペンフィールドの運動の小人(ホムンクルス)として有名です。
また、大脳皮質中心溝後方の中心後回には感覚野があり、全身の知覚の中枢があります。
これはブロードマンの脳地図で第3,1,2野にあたります。
ここも体部位局在があり、ペンフィールドの脳地図または、ペンフィールドの知覚の小人として有名です。
ペンフィールドはカナダの脳外科医、脳生理学者で、局所麻酔下で開頭手術を行い、患者と会話しながら皮質の運動、知覚、感情をモニターしながら機能地図を作りました。
このように脳には地図があり、そして少し気味の悪い小人が住んでいます。
そう考えると脳はとてもおもしろいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-22

    運動をする時間帯とそのパフォーマンスについて

    運動を実施する時間帯とそのパフォーマンスには相関するものがあるでしょうか?被験者に1時間ごと…
  2. 2015-5-7

    体温調節機構

    だんだんと暖かく...というよりは暑くなってきましたね。私たちは、そんな環境の変化にどの…
  3. 2014-9-28

    適度な運動はストレスに強い脳を作る!

    適度な運動は、健康な身体づくりに欠かせませんが、最近の研究では、運動が人にもたらすメリットはそれだけ…
  4. 2017-1-7

    筋肉による能動的システムにアプローチする

    正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。この体幹部を安定さ…
  5. 2016-4-10

    筋弱化が起こる要因

    筋弱化が起こる要因としては●硬さによる筋弱化使いすぎ(過用)や外傷によって筋が硬くなるこ…
ページ上部へ戻る