皆さん、脳に地図があることは知っていますか?
もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、大脳皮質には野によってその細胞構築に違いがあり、それを52野に区分したものを地図と呼んでいます。
これを創りあげたのはドイツの精神科医、神経学者であるブロードマンです。
ブロードマンは大脳皮質組織の神経細胞を染色して可視化し、組織構造が均一である部分をひとまとまりと区分して1から52までの番号を振りました。
大脳皮質は各部位がそれぞれが定まった役割を演じており、特定の機能は特定の場所で行われています。
そのような場所を機能の「中枢」といい、それらが一定の領域に広がっているため、それを「野」といいます。
そういった特定の部位が特定の働きをすることを機能局在性といい、ブロードマンの脳地図はその機能局在性においても重要な役割を果たします。
例えば、大脳皮質中心溝前方の中心前回を中心とする領域は運動野とよばれ、ブロードマンの脳地図で第4野にあたります。
これは全身の筋運動を司る領域です。
この第4野はさらに機能局在性があり、身体部位に対応する局在があります。
この局在を体部位局在といい、これはもうひとつの脳地図である、ペンフィールドの脳地図または、ペンフィールドの運動の小人(ホムンクルス)として有名です。
また、大脳皮質中心溝後方の中心後回には感覚野があり、全身の知覚の中枢があります。
これはブロードマンの脳地図で第3,1,2野にあたります。
ここも体部位局在があり、ペンフィールドの脳地図または、ペンフィールドの知覚の小人として有名です。
ペンフィールドはカナダの脳外科医、脳生理学者で、局所麻酔下で開頭手術を行い、患者と会話しながら皮質の運動、知覚、感情をモニターしながら機能地図を作りました。
このように脳には地図があり、そして少し気味の悪い小人が住んでいます。
そう考えると脳はとてもおもしろいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-12

    トレーニングは大筋群などから先に行う

    トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。行う順序にはいくつかのポイントがあります…
  2. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  3. 2015-9-9

    筋の緊張の調整

    筋緊張とは、広義には安静時における筋の活動状態を示すとともに、運動時の筋活動によって筋張力が発生し、…
  4. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  5. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
ページ上部へ戻る