皆さん、脳に地図があることは知っていますか?
もちろん脳に地図が描かれているわけではありませんが、大脳皮質には野によってその細胞構築に違いがあり、それを52野に区分したものを地図と呼んでいます。
これを創りあげたのはドイツの精神科医、神経学者であるブロードマンです。
ブロードマンは大脳皮質組織の神経細胞を染色して可視化し、組織構造が均一である部分をひとまとまりと区分して1から52までの番号を振りました。
大脳皮質は各部位がそれぞれが定まった役割を演じており、特定の機能は特定の場所で行われています。
そのような場所を機能の「中枢」といい、それらが一定の領域に広がっているため、それを「野」といいます。
そういった特定の部位が特定の働きをすることを機能局在性といい、ブロードマンの脳地図はその機能局在性においても重要な役割を果たします。
例えば、大脳皮質中心溝前方の中心前回を中心とする領域は運動野とよばれ、ブロードマンの脳地図で第4野にあたります。
これは全身の筋運動を司る領域です。
この第4野はさらに機能局在性があり、身体部位に対応する局在があります。
この局在を体部位局在といい、これはもうひとつの脳地図である、ペンフィールドの脳地図または、ペンフィールドの運動の小人(ホムンクルス)として有名です。
また、大脳皮質中心溝後方の中心後回には感覚野があり、全身の知覚の中枢があります。
これはブロードマンの脳地図で第3,1,2野にあたります。
ここも体部位局在があり、ペンフィールドの脳地図または、ペンフィールドの知覚の小人として有名です。
ペンフィールドはカナダの脳外科医、脳生理学者で、局所麻酔下で開頭手術を行い、患者と会話しながら皮質の運動、知覚、感情をモニターしながら機能地図を作りました。
このように脳には地図があり、そして少し気味の悪い小人が住んでいます。
そう考えると脳はとてもおもしろいものですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
  2. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  3. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  4. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  5. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
ページ上部へ戻る