紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。

大部分は角膜(黒目の部分にある透明な膜)で吸収されます。

結膜(白目の表面やまぶたの内側をおおっているの薄い膜)がやられると目が赤く充血して、目やにができる、いわゆる結膜炎になります。

角膜は透明な膜なのですが、紫外線の影響でにごりが生じて角膜炎をおこします。

角膜炎をおこすと、まぶしくて目が開けられなくなり、涙が出て痛みを伴います。

また、紫外線の中ではUVB(紫外線B波)が白内障誘発に関与するといわれています。

UVA(紫外線A波)とUVBによりレンズの構成部分であるたんぱく質が変性を起こし、カルシウム炎となってレンズ中にたまります。

その結果レンズは白濁し、ものが見えなくなり、黒目(瞳孔)が白く見えるようになります。

この水晶体が白濁した状態が白内障と呼ばれています。

白内障が進行すると、視力が極端に低下します。

また、失明までいたる病気で、白内障で失明した人は世界で1600万人いるとみられていますが、そのうちも2%が紫外線による失明といわれています。

このように、紫外線は私たちの目にとっては恐ろしい電磁波なのです。

みなさん、気をつけましょう!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-21

    卵円孔開存と片頭痛

    心臓は4つの部屋からなっており、まず縦の壁である心房中隔と心室中隔によって完全に左右に分けられます。…
  2. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  3. 2017-2-16

    体力を維持するコツ

    学生の部活動以来で運動をやって身体が動かなくてだめだったという経験がある方もいるでしょう。長…
  4. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  5. 2015-7-7

    神経新生と二つの因子

    神経新生とは新しく神経細胞が生まれる現象です。20世紀にラモニ・カハールによりニューロン説が…
ページ上部へ戻る