紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。

大部分は角膜(黒目の部分にある透明な膜)で吸収されます。

結膜(白目の表面やまぶたの内側をおおっているの薄い膜)がやられると目が赤く充血して、目やにができる、いわゆる結膜炎になります。

角膜は透明な膜なのですが、紫外線の影響でにごりが生じて角膜炎をおこします。

角膜炎をおこすと、まぶしくて目が開けられなくなり、涙が出て痛みを伴います。

また、紫外線の中ではUVB(紫外線B波)が白内障誘発に関与するといわれています。

UVA(紫外線A波)とUVBによりレンズの構成部分であるたんぱく質が変性を起こし、カルシウム炎となってレンズ中にたまります。

その結果レンズは白濁し、ものが見えなくなり、黒目(瞳孔)が白く見えるようになります。

この水晶体が白濁した状態が白内障と呼ばれています。

白内障が進行すると、視力が極端に低下します。

また、失明までいたる病気で、白内障で失明した人は世界で1600万人いるとみられていますが、そのうちも2%が紫外線による失明といわれています。

このように、紫外線は私たちの目にとっては恐ろしい電磁波なのです。

みなさん、気をつけましょう!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  2. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2015-11-7

    ミネラルの正体

    ミネラルというとイコール塩分といったイメージがありますが、実はそうではありません。普段、ミネ…
  5. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
ページ上部へ戻る