のどの痛みや高熱を引き起こすインフルエンザウイルスや、下痢を起こすノロウイルス、などウイルスにはさまざまな種類があります。

そもそもウイルスとは何なのでしょう?

ウイルスはDNA(デオキシリボ酸)やRNA(リボ核酸)などの遺伝情報をもっています。

DNAやRNAはタンパク質の殻(キャプシド)や脂質の膜(エンベロープ)に覆われています。

キャプシドはらせん状のものと正20面体状のものの主に2種類がありまし、エンベロープをもたない種類があります。

エンベロープをもつウイルスともたないウイルスの違いは、エンベロープをもつウイルスであれば胃液による攻撃をくぐり抜けて腸へ到達することのできるウイルスです。

いわゆるインフルエンザウイルスやノロウイルスです。

DNAやRNAをもつというと、生物のように思えますが、生物の細胞はそれ自身で増殖できるのに対して、ウイルスは細胞に感染しないかぎり、増殖できません。

なのでウイルスは、生物と非生物の間に位置するといわれる不思議な存在です。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  2. 2015-5-15

    筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトル」

    骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。加齢に伴う骨格筋…
  3. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  4. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
  5. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
ページ上部へ戻る