シナプスを飛び交う神経伝達物質

神経細胞はシナプスのすき間に神経伝達物質を放出します。

放出された神経伝達物質は、受け手となる神経細胞の表面にある「受容体」というタンパク質にくっつきます。

これによって受け手の神経細胞では電気信号が発生します。

神経伝達物質という科学的な信号がここで再び電気的な信号に戻るという仕組みになっています。

脳の中では、このように電気的な信号と科学的な信号が変換されながら情報が伝えられています。

神経伝達物質はたくさん発見されています。

特によく知られているの伝達物質はアセチルコリン、ノルアドレナリン、ガンマアミノ酪酸(GABA)、グリシン、セロトニンなどがあります。

古くは、デールの法則といわれ「1つのニューロンは1種類の伝達物質しか放出しない」といわれていましたが、現在では、多くのニューロンは、1種類の伝達物質の他に、1種類または数種類以上の伝達物質を放出できることが分かってきました。

神経伝達物質には興奮性の伝達物質と抑制性の伝達物質がありますが、伝達物質自体が興奮性の作用を持つとか、抑制性の作用を持つとかということではありません。

伝達物質とシナプスにある受容体との組み合わせによって興奮性か、抑制性か決まるのです。

例えば、AChと呼ばれる伝達物質はあるシナプスにおいては興奮性伝達物質として働き、他のシナプスでは抑制性伝達物質として働いています。

代表的な興奮性の伝達物質としてグルタミン酸、抑制性の伝達物質としてGABAが挙げられます。

グルタミン酸には 脳機能を活性化して、ストレスへの抵抗力を強くする作用があり、GABAにはストレスを和らげ、興奮した神経を落ち着かせる作用があります。

他の伝達物質にもさまざまな作用があり、それらが上手く機能して、私たちの脳や体の機能が健全に保たれているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-2-25

    土踏まずの役割

    ヒトの足で、他の動物にはみられない最大の特徴が、アーチの形成です。ヒトの足のアートは、踵骨と…
  2. 2014-12-4

    エネルギーを出し入れするホルモン

    ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。だから、エネルギー源となるぶどう…
  3. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  4. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  5. 2017-2-14

    持久力の種類

    ひとくちに持久力といってもいくつかの種類があります。1つは、「有酸素性持久力」であり、これは…
ページ上部へ戻る