アルコール代謝によるRedox Shiftとは

ダイエットはしているけどお酒は飲む。

ダイエットをしている方のなかにもこういった方がいるのではないでしょうか。

ではなぜ、お酒を飲むとなかなか痩せづらいのでしょうか。

アルコール飲料、いわゆるエタノールですが、清酒1合、ビール(大ビン)1本、ウィスキー(ダブル)1杯はどれも約22gのエタノールが含まれています。

エタノール1gは約7.1kcalです。

その特徴として、肝臓がほとんど代謝する、代謝されずに排泄される量は少ない、体内に貯蔵されない、高い熱量を発生させるがエネルギーとなることがない、といったものが挙げられます。

飲酒によって体内に入ったエタノールは消化管から吸収されて肝臓へ輸送されます。

ここから分解酵素の働きによりエタノールはアセトアルデヒドに、アセトアルデヒドは酢酸へと分解され、この過程の代謝産物としてNADHという補酵素が産生されます。

このNADHが増加することをRedox Shiftといいます。

これによりミトコンドリアの機能に変化が起き、NADHを優先して処理するようになります。

すると本来、スムーズに行えていた脂質や糖質の代謝が滞り、アルコール代謝ばかりが行われるようになってしまうのです。

そのため、アルコール摂取間に摂取したその他の糖質、脂質の代謝効率は下がり、体内に蓄積されやすくなってしまうのです。

また、過剰に摂取された糖質は脂質として貯蔵されるので、これが拍車をかける形になります。

よくアルコール摂取そのものよりも、おつまみが原因だと言われることもありますが、アルコールがつまみを良くないものとさせているのです。

逆につまみによってはアルコール代謝が促進され、脂質、糖質の蓄積を軽減させるということも不可能ではありません。

たとえば、糖原性アミノ酸のようにNADHを使用するアミノ酸や、肝臓機能亢進、回復といったアミノ酸を含んだつまみにするだけでも違うでしょう。

高タンパク、高ビタミン、低脂肪、といったつまみを摂ることがお酒を飲みながらダイエットをするための重要事項になります。

一番はお酒を飲まないことではあるのですが、これからの季節、お酒を飲む量も増えるでしょうから、少しでも太らないように気をつけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  2. 2017-3-5

    カラダの大きな力を出せないしくみ

    スポーツや生活の中では大きな力を出すことが必要な場面がたくさんあります。そんな時にきちんと大…
  3. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  4. 2015-7-19

    第Ⅰ〜Ⅵ脳神経について

    脳神経は脳から出る末梢神経で12対あり、感覚性、運動性、混合性のものとがあります。第Ⅰ脳神経…
  5. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
ページ上部へ戻る