生まれたばかりの赤ちゃんの脳は約400グラムあり、成人の約4分の1である。これが1歳で900グラム、3歳で1000グラムとなります。

人間の脳にある神経細胞は1000億個以上と推定されています。

この数は成人でも赤ちゃんでも同じです。

同じでありながら、成人と同じ行動ができないのは、神経発達が未熟で十分な学習がなされていないためと解釈されます。

赤ちゃんの脳の神経発達は、より基本的な機能をつかさどる延髄や橋からはじまり、中脳、そしてより高度な機能をつかさどる大脳へと進みます。

 

新生児から3ヶ月ごろまでは延髄から橋までの神経発達により、空腹になると母親の乳首をさがし乳を飲むなどの原始反射がみられます。

4ヶ月から2~5歳くらいまでは、中脳の神経発達により、体を傾けたときにまっすぐな姿勢になろうとする立ち直り反射がでてきます。

そして、6ヶ月ごろから成人までは大脳皮質の神経発達により体のバランスをとって姿勢を保つ平衡反応出現します。

人間の基本的な動作に関する部位の髄鞘化は3歳ごろまでに完成します。

神経発達とともにレベルにあった学習を行い、6歳ごろまでに基本的な動作ができるようになり、大脳の髄消化は20歳ごろまで進行します。

長期の記憶と関係する大脳の前頭連合野、前頭頂頭野、側頭前合野など、髄鞘化は3歳以降に行われるので、それ以前のことは覚えていないのが普通です。

赤ちゃんの脳には、生後に見聞きするであろうすべての鋳型が組み込まれていて、母親の声や顔に反応します。

生後5日すぎると、母親のにおいや声にだけ特別に反応します。

このような行動により、赤ちゃんと母親は互いに反応し合い、赤ちゃんは赤ちゃんらしく、母親はお母さんらしくなっていきます。

これを母子相互作用といいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  2. 2015-5-24

    紫外線と目

    紫外線は全てが眼底(目の奥)まで達するわけではありません。大部分は角膜(黒目の部分にある透明…
  3. 2015-1-16

    水素イオン濃度指数

    マッサージにはいろいろな効果があります。その中でも、今回は『筋疲労回復の効果』についてです。…
  4. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  5. 2014-12-17

    筋トレをすると背が伸びなくなるって本当?

    トレーニングにまつわる迷信として「筋トレをすると背が伸びなくなる」というものがあります。…
ページ上部へ戻る