生まれたばかりの赤ちゃんの脳は約400グラムあり、成人の約4分の1である。これが1歳で900グラム、3歳で1000グラムとなります。

人間の脳にある神経細胞は1000億個以上と推定されています。

この数は成人でも赤ちゃんでも同じです。

同じでありながら、成人と同じ行動ができないのは、神経発達が未熟で十分な学習がなされていないためと解釈されます。

赤ちゃんの脳の神経発達は、より基本的な機能をつかさどる延髄や橋からはじまり、中脳、そしてより高度な機能をつかさどる大脳へと進みます。

 

新生児から3ヶ月ごろまでは延髄から橋までの神経発達により、空腹になると母親の乳首をさがし乳を飲むなどの原始反射がみられます。

4ヶ月から2~5歳くらいまでは、中脳の神経発達により、体を傾けたときにまっすぐな姿勢になろうとする立ち直り反射がでてきます。

そして、6ヶ月ごろから成人までは大脳皮質の神経発達により体のバランスをとって姿勢を保つ平衡反応出現します。

人間の基本的な動作に関する部位の髄鞘化は3歳ごろまでに完成します。

神経発達とともにレベルにあった学習を行い、6歳ごろまでに基本的な動作ができるようになり、大脳の髄消化は20歳ごろまで進行します。

長期の記憶と関係する大脳の前頭連合野、前頭頂頭野、側頭前合野など、髄鞘化は3歳以降に行われるので、それ以前のことは覚えていないのが普通です。

赤ちゃんの脳には、生後に見聞きするであろうすべての鋳型が組み込まれていて、母親の声や顔に反応します。

生後5日すぎると、母親のにおいや声にだけ特別に反応します。

このような行動により、赤ちゃんと母親は互いに反応し合い、赤ちゃんは赤ちゃんらしく、母親はお母さんらしくなっていきます。

これを母子相互作用といいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  2. 2015-8-16

    ストレスと下垂体 – 副腎系

    生体にストレスが加わると、さまざまな変化が起こります。生体へのストレス負荷により、視床下部―…
  3. 2015-2-2

    セントラル・トリガーポイント

    筋膜痛を解決するには、まず、筋の中央に生じるセントラル・トリガーポイントを見つけることが大切です。…
  4. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
  5. 2015-8-9

    300億個もの脂肪細胞とエネルギー恒常性

    脂肪細胞は脂肪組織の主要な構成細胞であり、エネルギーを細胞内に中性脂肪として蓄積しています。過剰…
ページ上部へ戻る