生まれたばかりの赤ちゃんの脳は約400グラムあり、成人の約4分の1である。これが1歳で900グラム、3歳で1000グラムとなります。

人間の脳にある神経細胞は1000億個以上と推定されています。

この数は成人でも赤ちゃんでも同じです。

同じでありながら、成人と同じ行動ができないのは、神経発達が未熟で十分な学習がなされていないためと解釈されます。

赤ちゃんの脳の神経発達は、より基本的な機能をつかさどる延髄や橋からはじまり、中脳、そしてより高度な機能をつかさどる大脳へと進みます。

 

新生児から3ヶ月ごろまでは延髄から橋までの神経発達により、空腹になると母親の乳首をさがし乳を飲むなどの原始反射がみられます。

4ヶ月から2~5歳くらいまでは、中脳の神経発達により、体を傾けたときにまっすぐな姿勢になろうとする立ち直り反射がでてきます。

そして、6ヶ月ごろから成人までは大脳皮質の神経発達により体のバランスをとって姿勢を保つ平衡反応出現します。

人間の基本的な動作に関する部位の髄鞘化は3歳ごろまでに完成します。

神経発達とともにレベルにあった学習を行い、6歳ごろまでに基本的な動作ができるようになり、大脳の髄消化は20歳ごろまで進行します。

長期の記憶と関係する大脳の前頭連合野、前頭頂頭野、側頭前合野など、髄鞘化は3歳以降に行われるので、それ以前のことは覚えていないのが普通です。

赤ちゃんの脳には、生後に見聞きするであろうすべての鋳型が組み込まれていて、母親の声や顔に反応します。

生後5日すぎると、母親のにおいや声にだけ特別に反応します。

このような行動により、赤ちゃんと母親は互いに反応し合い、赤ちゃんは赤ちゃんらしく、母親はお母さんらしくなっていきます。

これを母子相互作用といいます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-1

    逆三角形の背中をつくる

    引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります…
  2. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  3. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  4. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  5. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
ページ上部へ戻る