ジュニア選手へのトレーニング~野球~

今日は、野球を行っているジュニア選手に対してのトレーニングの注意点について触れていきます。

 

今現在、少年野球チームは日本全国で2万を超えており、住んでいる地域にも少年野球チームがあったりと、やはり野球に小さなころから触れることができる環境にあるかと思います。

 

小さなころからチームに所属し、野球に触れることは、そこで専門的な技術を効率良く習得できるという利点があります。

 

しかしその、一方で、活動内容がいつも同じなど、偏りがあった場合、総合的な運動能力の育成が不十分となるリスクや、同じ動作の繰り返しによる、オーバーユース障害を発生させるリスクが高まります。

 

なので、トレーニングを実施する場合は、発育の段階においてのトレーニングに対しての適応や反応を踏まえつつ、野球の競技特性を考えたトレーニングと合わせて、様々な要素を取り入れたトレーニングを行い、選手の持つ可能性を最大限に引き出すことが求められます。

 

例えば、バッティングや守備練習などの専門的練習や、ベース間をより速く走る為に、一回ジャンプをした後の30メートル走などの競技特異的な練習はもちろんのこと、それに合わせ、ラダートレーニングや動物歩き(四つ這いで進む)、片足バランスなど競技特異的ではなくとも、体のコントロールが必要である動きを取り入れるのも重要になってきます。

 

さまざまな動きを経験させることは、ジュニア期の選手の可能性を広げることに繋がります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  2. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  3. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
  4. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  5. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
ページ上部へ戻る