ジュニア選手へのトレーニング~野球~

今日は、野球を行っているジュニア選手に対してのトレーニングの注意点について触れていきます。

 

今現在、少年野球チームは日本全国で2万を超えており、住んでいる地域にも少年野球チームがあったりと、やはり野球に小さなころから触れることができる環境にあるかと思います。

 

小さなころからチームに所属し、野球に触れることは、そこで専門的な技術を効率良く習得できるという利点があります。

 

しかしその、一方で、活動内容がいつも同じなど、偏りがあった場合、総合的な運動能力の育成が不十分となるリスクや、同じ動作の繰り返しによる、オーバーユース障害を発生させるリスクが高まります。

 

なので、トレーニングを実施する場合は、発育の段階においてのトレーニングに対しての適応や反応を踏まえつつ、野球の競技特性を考えたトレーニングと合わせて、様々な要素を取り入れたトレーニングを行い、選手の持つ可能性を最大限に引き出すことが求められます。

 

例えば、バッティングや守備練習などの専門的練習や、ベース間をより速く走る為に、一回ジャンプをした後の30メートル走などの競技特異的な練習はもちろんのこと、それに合わせ、ラダートレーニングや動物歩き(四つ這いで進む)、片足バランスなど競技特異的ではなくとも、体のコントロールが必要である動きを取り入れるのも重要になってきます。

 

さまざまな動きを経験させることは、ジュニア期の選手の可能性を広げることに繋がります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-6

    姿勢保持と平衡運動反射

    種々の姿勢の保持、多様な運動の遂行は、重力の関係で、容易にも困難にもなります。自己の姿勢や運…
  2. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  3. 2017-2-26

    テクニックを覚えるのに最適な期間

    さまざまなスポーツのテクニックを習得していくとき、脳の中にさまざまな神経回路がつくられていきます。…
  4. 2015-9-11

    顎関節ストレスと姿勢

    筋解剖学に基づくと、頭部の位置が下顎の安静位置に影響を及ぼすと考えることは容易なものです。た…
  5. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
ページ上部へ戻る