ジュニア選手へのトレーニング~野球~

今日は、野球を行っているジュニア選手に対してのトレーニングの注意点について触れていきます。

 

今現在、少年野球チームは日本全国で2万を超えており、住んでいる地域にも少年野球チームがあったりと、やはり野球に小さなころから触れることができる環境にあるかと思います。

 

小さなころからチームに所属し、野球に触れることは、そこで専門的な技術を効率良く習得できるという利点があります。

 

しかしその、一方で、活動内容がいつも同じなど、偏りがあった場合、総合的な運動能力の育成が不十分となるリスクや、同じ動作の繰り返しによる、オーバーユース障害を発生させるリスクが高まります。

 

なので、トレーニングを実施する場合は、発育の段階においてのトレーニングに対しての適応や反応を踏まえつつ、野球の競技特性を考えたトレーニングと合わせて、様々な要素を取り入れたトレーニングを行い、選手の持つ可能性を最大限に引き出すことが求められます。

 

例えば、バッティングや守備練習などの専門的練習や、ベース間をより速く走る為に、一回ジャンプをした後の30メートル走などの競技特異的な練習はもちろんのこと、それに合わせ、ラダートレーニングや動物歩き(四つ這いで進む)、片足バランスなど競技特異的ではなくとも、体のコントロールが必要である動きを取り入れるのも重要になってきます。

 

さまざまな動きを経験させることは、ジュニア期の選手の可能性を広げることに繋がります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-21

    サラブレッドからみる栄養とトレーニング

    1998年、セイウンスカイという競走馬が4歳馬(現3歳)の頂点を決めるレースであるG1レースの皐月賞…
  2. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  3. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  4. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  5. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
ページ上部へ戻る