近年では、ダイエットのための低脂肪食品や高栄養価の食品などさまざまな食品が作られています。

そういった類の食品は値段も高く、効果も不透明なことから敬遠されがちです。

しかし、日本に古くからある、そして馴染み深い食品にそれら両方に効果のあるものがあります。

かつおぶしです。

かつおぶしは人体に必要な必須アミノ酸ほぼすべてを含んでおり、リン、カリウム、ビタミンD、脂肪の酸化を防ぎ動脈効果の予防に効果的なビタミンや不足しがちなカルシウム、ミネラルなども含んでいます。

カツオは魚類の中でも最も高タンパクな魚の一つです。
100g当りの含有量で比較すると、カツオ25.8g、マグロ24.3g、サバ19.8g、マイワシ19.2g、アジ18.7gとなります。

脂肪分はわずか3%で、栄養価が高くてヘルシーですので、健康を維持しながらのダイエットも可能になります。

また、ヒスチジンも多く含んでいるため、神経ヒスタミンによる食欲抑制作用、脂肪細胞蓄積抑制、UCPファミリー発現亢進も期待できます。

食品によっても調理によって栄養素が壊れたりすることがありますが、かつおぶしはかつおを加熱・乾燥・熟成させて、濃縮生成したものなので、壊れることなく閉じ込められています。

他にもイミダゾールジペプチドのなかのアンセリンというペプチドも含んでおり、これは筋肉のpHが酸性になるのを防ぎ、乳酸の蓄積やエネルギー代謝の低下を抑え、肉体疲労改善の効果が期待されます。

また、かつおぶしの旨味成分であるイノシン酸は脳疲労を改善するので、ストレス性の疲労回復によいともいわれます。

脂肪分もDHAやEPAが豊富に含まれているので、むしろ歓迎するべきものです。

かつおぶしはどこでも手軽に手に入るものですし、それでいて高栄養価、低脂肪、さらに体脂肪燃焼、疲労回復が望めるのですから試してみる価値は大いにあるでしょう。

ダイエットに行き詰まっている方、栄養について気にしている方はぜひ摂取してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    もうひとつの脂肪細胞「褐色脂肪細胞」

    人間は、体温を一定に保つ恒温動物です。ヒトは寒いと感じると、身体に溜めたエネルギーを燃やし、…
  2. 2017-3-20

    女性の骨と運動

    女性ホルモンの代表であるエストロゲンは、骨代謝に関わるとされており、骨芽細胞の働きを促進して、破骨細…
  3. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  4. 2015-5-14

    プリン体とは何か?

    アデニンやグアニンはその構造にプリン環と呼ばれる化学構造を持っています。このようなプリン環を持っ…
  5. 2016-4-10

    筋弱化が起こる要因

    筋弱化が起こる要因としては●硬さによる筋弱化使いすぎ(過用)や外傷によって筋が硬くなるこ…
ページ上部へ戻る