ジュニア期のトレーニングを考える。

ジュニア期のトレーニングには神経系の発達が深く関わってきます。
神経系統は生まれてから5歳ころまでに80%の成長を遂げ12歳でほぼ100%になります。日本で言えば小学校高学年ぐらいにあたります。
これをゴールデンエイジと呼ぶのですが、ゴールデンエイジといっても大きく分けて3つあります。
・プレゴールデンエイジ(~8・9歳頃)
・ゴールデンエイジ(9~12歳頃)
・ポストゴールデンエイジ(13歳頃以降)

それぞれの器官、機能はまちまちの発達をしていきますので、ひとつの運動に対しても、吸収しやすい時期と、吸収しにくい時期が出てきます。
なので吸収しやすい時期に、いかにたくさんの”運動”や”遊び”をするかが重要になってきます。

スキャモンの成長曲線にもあるように、このプレゴールデンエイジは神経系の発達が著しいので、いろんなことをしてたくさん吸収していく必要があります。

一般的にこの年代は集中力がないとか、飽きっぽいとか言われたりしますが、神経系が発達することによって体がいろんな動きを求めていくようになります。

例えば、サッカーがしたいと言っていたのに気がつけば今度は野球がしたいと言っていたり・・・それは飽きっぽいのではなく、その動きを体が求めているということです。
サッカーしかダメ、野球しかダメというのではなくいろんなスポーツをさせてみることが大切です。

大人が居酒屋やバイキングに行って、ずっと同じ料理を食べるのではなく、あれもこれも食べたいという感覚と同じようなものだと思います。

ゴールデンエイジを最大限に活かすためにも、このプレゴールデンエイジをどう過ごしていくかがカギになってきます。

この時期の”運動”や”遊び”は子供にとって将来的に素晴らしい財産になります。

お父さん、お母さんも大変だとは思いますが、うちの子は飽きっぽい、うちの子はワガママだと思わずに暖かい目で見てあげてください。笑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-12

    トレーニングは大筋群などから先に行う

    トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。行う順序にはいくつかのポイントがあります…
  2. 2015-12-12

    身体活動は運動単位の性質を変えうる

    習慣的な身体活動レベルの変化は、運動単位の収縮の3つの性質、すなわち収縮速度、最大張力、疲労性に影響…
  3. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  4. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  5. 2015-11-7

    ミネラルの正体

    ミネラルというとイコール塩分といったイメージがありますが、実はそうではありません。普段、ミネ…
ページ上部へ戻る