血液脳関門と脳の栄養

脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できないような仕組みになっています。
大事に守られている組織ですからね。
ただし、グルコースだけはこの関門を通過することができます。
従って、脳は通常このグルコースだけをエネルギーにしている大変贅沢な臓器であるといえます。
血液脳関門の働きによって、脳は恒常性を極めて厳密に維持することができているのです。

絶食や激しい運動などでグルコースが枯渇するような場合は、血液脳関門を通過できる「ケトン体(アセト酢酸)」が細胞に入り、神経細胞内のTCA回路でエネルギー生産に利用されます。

グルコースが枯渇した場合は、このケトン体がエネルギー材料になってくれているのです。
脳の神経細胞自体にはエネルギー源を貯蔵することができないので、脳の栄養はこの血液脳関門を通過できる物質でしか供給できないんですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-13

    覚えておきたい法則(原則)

    筋力トレーニングをするにあたって覚えておきたい3つの法則があります。1つ目は、「ルーの法則」…
  2. 2016-12-22

    より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

    陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。それらの動作は「伸張…
  3. 2015-11-25

    睡眠不足と肥満

    睡眠が不足していると、理性や判断力を司っている前頭葉の活動が低下し、食べる意欲を司る脳領域の活動が高…
  4. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
  5. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
ページ上部へ戻る