胎児の脳の発達

胎児は子宮の中で育つことから、当然母親の影響を強く受けます。

母親が風疹や梅毒などの感染症の場合、胎児は先天性奇形や脳障害の原因になります。

また母体に投与された薬剤や、放射線なども胎児に大きな影響を及ぼします。

また母親のストレスも胎児の脳の発達に影響するといわれています。

最近では、母親のストレスによる胎児の脳の性分化障害が話題となっています。

母親のストレスが男の胎児の精巣から男性ホルモン「アンドロゲン」の分泌を間接的に抑制し、脳の男性化をさまたげるといわれています。

脳の性分化は、生殖器の分化に少し遅れておきます。

胎児の脳ははじめはすべて女性型です。

男の胎児では、受精後7週ごろに精巣ができ、アンドロゲンの合成と分泌がはじまります。

その分泌は受精後14~20週ごろに一時的に急増します。

そしてこの時期に、それまで女性型だった脳が、男性ホルモンによって男性型の脳へとつくりかえられていくと考えられているのです

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-16

    運動後の筋力変化

    種々のタイプの運動後に筋力が変化することはどこでも記載されているように周知の事実です。また、神経…
  2. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  3. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  4. 2017-4-7

    トレーニング休止中の筋肉の変化

    筋力トレーニングを続けてきたのに、病気やケガ、仕事の都合などでトレーニングをやめる、あるいは休んでし…
  5. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
ページ上部へ戻る