胎児の脳の発達

胎児は子宮の中で育つことから、当然母親の影響を強く受けます。

母親が風疹や梅毒などの感染症の場合、胎児は先天性奇形や脳障害の原因になります。

また母体に投与された薬剤や、放射線なども胎児に大きな影響を及ぼします。

また母親のストレスも胎児の脳の発達に影響するといわれています。

最近では、母親のストレスによる胎児の脳の性分化障害が話題となっています。

母親のストレスが男の胎児の精巣から男性ホルモン「アンドロゲン」の分泌を間接的に抑制し、脳の男性化をさまたげるといわれています。

脳の性分化は、生殖器の分化に少し遅れておきます。

胎児の脳ははじめはすべて女性型です。

男の胎児では、受精後7週ごろに精巣ができ、アンドロゲンの合成と分泌がはじまります。

その分泌は受精後14~20週ごろに一時的に急増します。

そしてこの時期に、それまで女性型だった脳が、男性ホルモンによって男性型の脳へとつくりかえられていくと考えられているのです

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  4. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
  5. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
ページ上部へ戻る