胎児の脳の発達

胎児は子宮の中で育つことから、当然母親の影響を強く受けます。

母親が風疹や梅毒などの感染症の場合、胎児は先天性奇形や脳障害の原因になります。

また母体に投与された薬剤や、放射線なども胎児に大きな影響を及ぼします。

また母親のストレスも胎児の脳の発達に影響するといわれています。

最近では、母親のストレスによる胎児の脳の性分化障害が話題となっています。

母親のストレスが男の胎児の精巣から男性ホルモン「アンドロゲン」の分泌を間接的に抑制し、脳の男性化をさまたげるといわれています。

脳の性分化は、生殖器の分化に少し遅れておきます。

胎児の脳ははじめはすべて女性型です。

男の胎児では、受精後7週ごろに精巣ができ、アンドロゲンの合成と分泌がはじまります。

その分泌は受精後14~20週ごろに一時的に急増します。

そしてこの時期に、それまで女性型だった脳が、男性ホルモンによって男性型の脳へとつくりかえられていくと考えられているのです

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  2. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  3. 2015-9-23

    internal impingementのメカニズム

    肩関節を外転位で外旋させると、上腕骨大結節は肩甲骨関節窩後上方部分と衝突します。(internal …
  4. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
  5. 2015-8-11

    筋持久力とエネルギー供給

    持久力とは、運動を持続できる能力のことで、疲労に対する抵抗力とも言えます。筋持久力を決定する…
ページ上部へ戻る