直立姿勢の時はたえず前後左右に小刻みに揺れ動いています。

重い頭をのせ二本足で立っているため不安定な状態にあります。

直立姿勢を保っていられるのは、耳にある三半規管という平衡器官の働きによるものです。

眼から入ってくる視覚情報も役立っています。

脳は体が揺れたことを感知した平衡器官からの情報を処理し、筋肉に指令を出します。

例えば、体が右に傾くと右側の筋肉を収縮させ、元の位置に戻そうとします。

これを平衡反射といい、足の母指外転筋や大腿二頭筋、背中やお腹の筋肉など、多くの筋肉が関与しています。

そして頭の位置は、主に側頭筋と咬筋と頚部の筋群によってコントロールされています。

これらの骨や腱によって連動するようになっているので、姿勢をスムーズにコントロールできるのです。

歯の噛み合わせの変化に対し、脳はさまざまな対応をします。

その対応の主役となるのが咀嚼筋です。

咀嚼筋は左右4対の筋群で、側頭筋、咬筋、内側翼突筋、外側翼突筋からなっています。

咬筋は、下顎を引き下げたり、大臼歯で強く噛むときの力は咬筋によるものです。

側頭筋は、下顎を上げたり後ろへ引っ張ったりします。
歯ぎしりは、咬筋と側頭筋が無意識のうちに活動してしまう現象です。

内側翼突筋は、下顎の内側にある筋肉で、下顎を引き上げて口を閉じさせます。

外側翼突筋は下顎の関節部分にある筋肉で、関節円板と連動して口を開く働きをします。

咀嚼筋の他に頸周囲には24種類もの筋肉が存在し、噛み合わせと下顎の位置調節に関与しています。

これらの筋肉は、噛み合わせが正常ではないと過度に緊張してしまいます。

咀嚼筋の過度の緊張は、骨や腱を介して全身の筋肉へと波及します。

そのため、重心の動揺性が強くなり、姿勢が悪くなる原因にもなってしまうのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-5-23

    距骨下関節の適合と不適合

    距骨下関節には関節の適合肢位が1つだけ存在します。それは中間位で、このとき足部は距骨に対し真…
  2. 2015-5-28

    脊柱と骨盤の正常化

    スポーツをしている人には、競技特性によって脊柱が適切なS字カーブを失い変形している人が見られます。…
  3. 2015-2-1

    レム睡眠のレムってなんですか?

    ヒトは一生の約3分の1を睡眠に費やしています。その時間が無駄なように感じることもあるでしょう…
  4. 2017-4-8

    習熟が必要なフリーウエイト

    フリーウエイトは、ウエイトの動きをコントロールしなければならず、また体を安定させつつ力を発揮する必要…
  5. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
ページ上部へ戻る