Activities of daily living(ADL:日常生活動作)

トレーニングの世界や医療・リハビリの世界では、「だれもが毎日繰り返し行う身の周りの動作」のことをActivities of daily living(ADL:日常生活動作)と呼びます。

その評価項目は「食事動作」「排泄動作」「整容動作」「更衣動作」「入浴動作」「起居・移動動作」などの動作に「コミュニケーション」を加えた活動を言います。

ADL改善において機能障害によってうまれた能力低下をいかに克服して自立度を高めるかが中心課題になります。

しかし、このADLの自立というのは施設などの保護された環境の中での自立を意味するものであり、そこが達成されたからといって健康な家庭生活を送れるようになるかというとそうではありません。

家庭生活の中には、ADLの項目に加えてさらに、それ以外の日常生活に必要な動作、例えば、家事動作、買い物、金銭管理なども必要になってきます。

そこでこれらの動作を総称してAPDL(Activities parallel to daily living;生活関連動作)として呼ばれるようになりました。

1976年日本リハビリテーション医学会では、APDLの定義として家族や家を単位として、家事などの広義のADLと考えられる動作群と定義しました。

もちろんADLも大事ですが、このAPDLの観点からトレーニングやリハビリを考えて見ることが大事になりますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  2. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  3. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  4. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  5. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
ページ上部へ戻る