ジュニアスポーツ~オーバーユース障害~

今回は、ジュニアスポーツにおけるスポーツ障害について書いていきます。

日本のジュニアスポーツでは、一年中休みなく同じスポーツを行い、放課後に限らず、朝練習などを行うため、オーバーユース障害などが起きやすい環境にあるようです。

ジュニア選手の障害は、その多くが骨端部への牽引ストレスが原因とされ全傷害の3割~4割とも言われています。

ちなみに残りは捻挫、肉離れ、骨折、脱臼、打撲などの急性障害になります。

骨端部への牽引ストレスが要因となる障害には、膝に起こるオスグッド病、踵に起こるシーバー病などがあり、悪化すれば歩行にも支障が出るほどになります。

では、これらの障害はどのようにして予防ができるのでしょうか?

オーバーユース障害の予防を考えるとなると、子どもの発育発達の特徴などを考慮する必要があります。

例えば、子どもの成長途中の骨は、柔らかくストレスに弱い構造になっているので、筋や靭帯などが繰り返しの動作で強く引っ張られていたりすることが牽引ストレスによる障害に繋がります。

なので、筋などが強く引っ張られて緊張しないように、使用部位のストレッチを行うことが大切になってきます。

しかし、骨端部に起きる障害とは異なりますが、肉離れなどを起こした選手のうち、8割もの選手が運動前に、その部位に対してのストレッチを行っていたというデータも出ているのでストレッチを行うだけではなく、その部位に対してのトレーニングを合わせて行うのも障害予防には大切だと思います。

大切なジュニアの時期、障害には気を付けてスポーツに取り組めるといいですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  2. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  3. 2015-5-19

    かつおぶしに注目!!

    近年では、ダイエットのための低脂肪食品や高栄養価の食品などさまざまな食品が作られています。そ…
  4. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  5. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
ページ上部へ戻る