ジュニアスポーツ~オーバーユース障害~

今回は、ジュニアスポーツにおけるスポーツ障害について書いていきます。

日本のジュニアスポーツでは、一年中休みなく同じスポーツを行い、放課後に限らず、朝練習などを行うため、オーバーユース障害などが起きやすい環境にあるようです。

ジュニア選手の障害は、その多くが骨端部への牽引ストレスが原因とされ全傷害の3割~4割とも言われています。

ちなみに残りは捻挫、肉離れ、骨折、脱臼、打撲などの急性障害になります。

骨端部への牽引ストレスが要因となる障害には、膝に起こるオスグッド病、踵に起こるシーバー病などがあり、悪化すれば歩行にも支障が出るほどになります。

では、これらの障害はどのようにして予防ができるのでしょうか?

オーバーユース障害の予防を考えるとなると、子どもの発育発達の特徴などを考慮する必要があります。

例えば、子どもの成長途中の骨は、柔らかくストレスに弱い構造になっているので、筋や靭帯などが繰り返しの動作で強く引っ張られていたりすることが牽引ストレスによる障害に繋がります。

なので、筋などが強く引っ張られて緊張しないように、使用部位のストレッチを行うことが大切になってきます。

しかし、骨端部に起きる障害とは異なりますが、肉離れなどを起こした選手のうち、8割もの選手が運動前に、その部位に対してのストレッチを行っていたというデータも出ているのでストレッチを行うだけではなく、その部位に対してのトレーニングを合わせて行うのも障害予防には大切だと思います。

大切なジュニアの時期、障害には気を付けてスポーツに取り組めるといいですね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  2. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  3. 2015-9-6

    姿勢保持と平衡運動反射

    種々の姿勢の保持、多様な運動の遂行は、重力の関係で、容易にも困難にもなります。自己の姿勢や運…
  4. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  5. 2014-9-27

    驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
ページ上部へ戻る