紫外線に注意!

暑さも増し、日焼けをした方もいるかと思います。

日焼けは、太陽光のなかで「紫外線によって皮膚が刺激を受けたために生じるやけど」であり、紫外線は、日焼けを起こすだけでなく、くりかえすことによってシミ・しわといった皮膚の老化が始まります。

また皮膚ガンを引き起こす原因にもなりかねません。

紫外線には種類があり、エネルギーの小さいものから紫外線A波、B波、C波の3種類がとされされています。

今回はその紫外線A波について書いていきます。

紫外線A波(UVA)は曇りの日でも常に地表まで届き、窓ガラスも通りぬけます。

この紫外線A波は「生活紫外線」とも呼ばれており、UVAは、真皮の奥(皮膚内部)にまで到達するクセモノなのです。

肌のハリを保つコラーゲンとエラスチンを壊す酵素を活性化させて、じわじわと細胞にダメージを与えていきます。

細胞が壊れ、肌本来の機能が低下していくと、肌のハリがなくなり、肌の表面にどんどんシワやタルミが生じてしまうのです。

また、メラニン色素をつくる色素細胞を酸化して黒くする働きをもっています。

少しの紫外線でもダメージは肌の老化は着実に進み、時間がたってもなかなかもとに戻らないのが特徴です。

次に、紫外線B波についてです。

紫外線B波(UVB)はレジャー(海水浴)やスポーツなどでの日焼けが主な原因となり、「レジャー紫外線」とも呼ばれます。

肌表面の表皮に急激に作用し、ヒリヒリと赤くなる日焼けの炎症(サンバーン)を引き起こします。

大量にUVBを浴びると皮膚が「火傷」の状態になります。

UVA同様、皮膚の免疫力をおさえ、ウイルスや細菌などによる感染症にもかかりやすくなったしまいます。

皮膚が薄い子供時代は特に影響を受けやすいです。

最後に紫外線C波についてです。

紫外線C波(UVC)は、本来、大気圏のオゾン層で反射され、地球上には少ししか差し込んできませんでした。

しかし、地球温暖化やフロントガスによって、オゾン層に穴があき、地球に差し込むC波の量が多くなってきています。

強すぎる太陽の紫外線に長時間皮膚をさらすと、シミができ、皮膚の細胞が破壊されて、皮膚ガンになる危険性があるといわれています。

このようなことから、こどもの時から紫外線対策をしっかりと行うことが重要であると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-7

    食事の摂取に関するポイント

    カロリーや栄養バランスを管理することも、体重の増減や生活習慣病などに関わってくるので、食事の習慣とし…
  2. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  3. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  4. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  5. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
ページ上部へ戻る