筋細胞内の刺激伝達たんぱく質「エムトア」

骨格筋が緩やかに減少していくことは高齢者の筋発揮能を考える上で非常に重要である。
加齢に伴う骨格筋の減少過程では、筋の萎縮は25歳から30歳くらいから始まり、年齢を重ねるほど萎縮の割合が多くなると報告されている。

骨格筋の基本的な収縮特性は加齢によって変わるものではないが、筋肉の太さの減少が筋肉全体の力や機能低下を招いていて、高齢者のからだの衰弱をもたらすのである。

特に加齢による筋肉量の減少と機能低下は一般的にサルコペニアと呼ばれ、身体機能は低下し日常の動作は鈍くなる。
そんなことから、高齢者の転倒や衰弱、要介護などのリスクを増大させている。

骨格筋の太さは、筋たんぱく質合成と分解割合の継続的な変動によってコントロールされている。
特に、筋肉の太さの変化は筋タンパク質の合成と分解の不均衡がもたらすものであるといわれている。

最近の研究では、筋たんぱく質分解に比べ筋たんぱく質合成のほうがよりダイナミックに筋の太さに関係するといわれ、異化よりも同化の働きに注目が集まっている。
そしてトレーニングなどの身体活動と栄養が骨格筋たんぱく質合成のもっとも重要な刺激であることがわかってきた。

言い換えれば、骨格筋内の生物学的プロセスにおいて、身体活動と栄養がたんぱく質同化を誘発して、筋の太さに強く影響しているということがわかってきている。

しかしながら、まだ身体活動と栄養がどのように筋のたんぱく質合成に関与するのか詳しくは解明できていない。

刺激効果として細胞内の刺激伝達を担うエムトア(mTOR)の活性が必要という研究報告はある。

このエムトアは、細胞の栄養状態やエネルギー、酸化還元状態、成長因子の存在などの総合的な細胞環境を判断し、細胞を成長させるかどうかを決定していると考えられている。

エムトアの研究が進めば、より効果的に刺激に対しての筋の太さの影響力を理解することができるのかもしれない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  2. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  3. 2017-11-23

    筋収縮力と剛性と脊柱安定性

    筋が収縮するとき、力と剛性が生成されます。剛性は常に安定化するように働きますが、力は安定化に…
  4. 2014-11-13

    筋力トレーニングは身体を硬くする?

    『筋トレをすると体が硬くなるの?』と聞かれることがあります。うそ?ほんと?筋肉隆々の…
  5. 2015-8-10

    小脳・脳幹・脊髄と随意運動

    小脳は大脳の後下方に位置します。水平方向に走る溝によって前葉、後葉、片葉小節葉に分けられ、垂…
ページ上部へ戻る