ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。

日本リハビリテーション医学会評価基準委員会が1976年に提唱した概念になります。

それは、ひとりの人間が独立して生活するために行う基本的な、しかも各人ともに共通して毎日繰り返される一連の身体動作群と定義されます。

すなわちADLとは「だれもが毎日繰り返し行う身の周りの動作」のことを指し、その評価項目は「食事動作」「排泄動作」「整容動作」「更衣動作」「入浴動作」「起居・移動動作」などの動作に「コミュニケーション」を加えた活動を言います。

リハビリやトレーニングなどは、ADLの改善、獲得を目指して行いますが、ここ問題になるのが「できるADL」と「しているADL」が発生するということです。

できるADLはリハビリやトレーニングで獲得した動作が「可能である」ということです。

トレーニングにあたっているその時間はできているけど、日常生活で行っているとは限らないというわけです。

しているADLは実際に日常生活で行っているADLです。

このときにできるADLとしているADLの解離が生じます。

これを単に怠けている、やろうとしないと考えてはいけません。

それを妨げている要因が存在し、そしてその解離を検討することがADLを評価するうえで重要になってくるのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-19

    ピリオダイゼーション

    スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に自分のコンディションがピークの状態で望むためにトレーニング…
  2. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  3. 2015-3-24

    運動前後の栄養補給

    今日は、運動前後の栄養補給について書いていきます。先日、お客様より「運動した後はどんな食事が…
  4. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
  5. 2017-3-12

    発育期における筋力エクササイズ

    近年子ども達の体力や運動能力の低下が指摘されています。筋の発揮する張力は身体活動の基盤であり…
ページ上部へ戻る