日本人の3人に1人が何らかのアレルギーをもつといわれている現代、さまざまなアレルギーがあります。

例えば、金属アレルギーなどは金属が身体に触れたりすると異常な反応を示します。

金属はイオンとなって汗などにとけます。

金属イオンは非常に小さいため、そのままでは免疫細胞に認識されません。

しかし、体に入った金属イオンは、体内のタンパク質と結合することがあり、その金属とタンパク質のかたまりを免疫細胞が「異物」と認識してしまいます。

花粉症や食物アレルギーでは、主に肥満細胞が反応して症状がでますが、金属アレルギーはT細胞が反応して症状が起きます。

反応の時間もかなりことなり花粉や食物アレルギーは、数分から数時間という短時間で反応が起きるのに対して、金属アレルギーは数日遅れて反応します。

金属アレルギーを起こしやすい金属は、ニッケル、クロム、コバルト、水銀などとされています。

よく銀にアレルギーがあると思われている人が多いかと思いますが銀はアレルギーを起こしにくい金属とされていています。

シルバーアクセサリーのほとんどは純銀ではなく、銀にニッケルやクロムなどが混ぜられていることが多いのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-26

    人間は・・・チクワ!?

    人は生きるために食事を取るわけですが、その食物はそのままの形で体内に入るわけではありません。…
  2. 2015-7-8

    ヒトが美味しいものを求めるのはなぜ?

    味覚には、甘い・苦いといった味の質の認知的な分析の側面と、美味しい・不味いといった情動性の側面があり…
  3. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  4. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  5. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
ページ上部へ戻る